2018年に私が買って満足したゲームまとめ&ベストタイトル

記事のタイトルとURLをコピーする

 2018年にレビュー記事を書いたゲームの中から、特に買って満足だったタイトルをピックアップしてみました。併せて、私の中で今年一番だったと思えるベストタイトルも紹介しています。

2018年ベストタイトル:ランス10

【ランス10】評価・レビュー 29年続いた大長編シリーズ堂々完結

 29年続いたシリーズの集大成であり、何周回プレイしても終わりの見えない特大ボリュームもあって、寝る間も惜しんで連日連夜プレイしました。2月発売でしたが、その段階で今年のベストタイトルは確定だと感じた作品です。これまでのシリーズ作品にもハズレはないため、シリーズ未プレイでも、過去作品と併せて遊ぶ価値が十分にあります。

星の欠片の物語、ひとかけら版

【星の欠片の物語、ひとかけら版 | PS4】評価・レビュー 未完結でもおすすめしたいVR謎解きアドベンチャー

 コントローラーを使わず、「PS VR」だけでプレイするゲームデザインが特徴的な謎解きアドベンチャーです。ひとかけら版なので、ストーリーは完結には至りません。しかし、未完結ということを活かした結末が用意されており、遊び終えると他の人にも勧めたくなる魅力を備えた作品でした。

Doki Doki Literature Club

【Doki Doki Literature Club】評価・レビュー ネタバレ厳禁!! 心に響くキュートな海外製ADV

 キュートな女の子たちが登場する、全年齢で刺激の強い海外製アドベンチャー。ネタバレ厳禁なので、何が刺激的なのかは語れませんが、無料なので、とりあえず遊んでみてください。何も知らずに遊んでこそ楽しめる作品です。

名探偵ピカチュウ

【名探偵ピカチュウ | 3DS】評価・レビュー ピカチュウと一緒に謎を解き明かすシネマティックアドベンチャー

 喋って推理するピカチュウを相棒に、様々な謎を解き明かしていくシネマティックアドベンチャー。子供から大人まで楽しめる遊びやすい作りとなっており、意外と本格的なストーリーを楽しめます。豊富に用意されているピカチュウとの会話イベントも必見です。決め台詞は『ピカっとひらめいた!』

Nintendo Labo

【Nintendo Labo | Switch】評価・レビュー ニンラボでしか体験できない「つくる、あそぶ、わかる」

 SwitchのJoy-Conには、想像を絶するほどの可能性が秘められているということを痛感させられた作品です。大人も子供も学んで楽しめるだけでなく、体感ゲームを省スペースで遊べる点も高評価でした。Switchをプレゼントするなら、絶対にセットで付けたいゲームです。

慟哭そして…

【慟哭そして… | Vita】評価・レビュー 不気味な洋館からの脱出を目指すサスペンスADV

 20年越しにリマスターされた洋館脱出アドベンチャー。単純にグラフィックを刷新しただけでなく、システム面の改善や追加イベントも用意されており、リメイクといっても過言ではありません。決して今風ではないですが、興味を持った人には強くおすすめしたい作品です。

Bloodstained: Curse of the Moon

【Bloodstained: Curse of the Moon】評価・レビュー 悪魔の城に挑むレトロテイストアクション

 レトロゲームのテイストを活かしつつも、今風の演出で彩られたハイブリッドなアクションゲームです。1周回1-2時間と遊びやすく、アクションのゲーム性まで変化するストーリー分岐が用意されており、ボリュームも十分な作品です。

ICEY

【ICEY | Switch】評価・レビュー 100%メタ発言のナレーションが第四の壁を壊す異色の2Dアクション

 シンプルかつスタイリッシュなアクションとメタフィクションを組み合わせた異色の2Dアクション。作中のナレーションが全てメタ発言という、メタ要素が好きでなければ絶対に楽しめない内容ですが、刺さる人にはたまらない作品です。

WILL -素晴らしき世界-

【WILL 素晴らしき世界 | PS4/Switch】評価・レビュー 手紙の文面を組み替えて運命を変えるザッピングアドベンチャー

 神様の視点から人々の願いを手紙で受け取って、内容を組み替えることで運命を変えていくアドベンチャー。ザッピング形式のストーリーと、パズルのように人々の運命を組み替えるシステムの相乗効果がすばらしい作品です。最近、PS4とSwitchでも配信されて遊びやすくなりました。

ザンキゼロ

【ザンキゼロ | PS4】評価・レビュー エクステンドで人類滅亡を回避する残機サバイバルRPG

 死んでも生き返るクローン人間たちを主人公にした、一風変わったコンセプトのサバイバルRPG。魅力的なストーリーに加えて、晩成型のゲームシステムが用意されており、遊び続けるほどに面白さが増していく作品です。2章まで遊べて、製品版に引き継ぎもできる体験版も配信されています。

オクトパス トラベラー

【オクトパス トラベラー | Switch】評価・レビュー 自由度と完成度の高さが際立つ群像劇RPG

 旅をコンセプトにした、自由度と完成度の高い冒険が楽しめる群像劇形式のRPG。一言で伝わるような分かりやすい面白さはないですが、奥深さのある物語と戦略的なコマンドバトルがそろっており、RPGとして高評価な作品です。

みにくいモジカの子

【みにくいモジカの子】評価・レビュー 決して万人向けではない、トラウマ注意の上級者向け18禁ADV

 クオリティに関しては文句なしだったものの、未成年どころか大人でも相手を選ばなければならない異色作。忘れられない陰鬱な展開に加えて、主人公の体験を再現した異常な演出など、尖ったコンセプトで細部まで作り込まれている作品です。

世界樹の迷宮X

【世界樹の迷宮X | 3DS】評価・レビュー 迷宮初心者にもおすすめしやすいシリーズ集大成

 世界樹シリーズの良いところだけを集めた、集大成と言えるRPG。作品を跨いで混在した各種コンテンツのバランスが上手く調整されており、洗練されていると感じるクオリティでした。既存ファンだけでなく、シリーズ初心者におすすめしやすい点も好印象な作品です。

NG

【NG | Vita】評価・レビュー おとぎ話とホラーゲームを大胆に融合させた裏御伽ADV

 おとぎ話を題材とした怪異の謎を解き明かしていくホラーアドベンチャー。懐中電灯を頼りに進む「心霊スポット調査」や、入手した情報から考察して生き残りの道を見つける「選択イベント」など、アドベンチャー要素を活かした様々なホラー演出が特徴の作品です。

ラストレムナント リマスタード

【ラストレムナント リマスタード | PS4】評価・レビュー 奥深いシステムで挑む超高難易度RPG

 難解なゲームシステムに対して、やり込むだけの歯応えある高難易度が備わったRPG。1周回しても理解しきれない奥深さは好みの分かれる部分でもありますが、ピッタリはまれば何周回でも楽しめる魅力を秘めた作品です。

ゴッドイーター3

【ゴッドイーター3 | PS4】評価・レビュー 再構築された全く新しいGEシリーズ

 様々な要素が再構築されたナンバリング第3弾。大きく時代の進んだストーリーや再設計された育成要素など、シリーズ作品に起こりがちなマンネリを回避しつつも、面白さを両立した作品です。秀逸な難易度バランスのアクションも高評価でした。

さいごに

 今年は35本のレビューを執筆しました。発売日のバッティングで購入を見送ったタイトルや、クリアしたけど記事を書かなかったタイトルもあったのですが、本数的には例年通りになります。振り返ってみると、変わり種のタイトルが多かった印象です。来年も様々な新しいゲームと出会えることを期待しています。