【Switch】最も○○なソフト特集:販売本数やプレイ時間から名前の長さなど、様々な最大・最小ソフトをピックアップしました

 この記事では、Nintendo Switchで発売されているソフトの中から、様々な「最も○○なソフト」をまとめています。

 販売本数やプレイ時間から、名前の長さ、容量、点数など、様々な切り口で最大・最小ソフトをピックアップしました。

最も販売本数が多いソフト(日本)

販売本数タイトル
962万本あつまれ どうぶつの森

 日本で最も販売本数が多いソフトは、962万本の「あつまれ どうぶつの森」です。初年度は384万本に留まりましたが、翌年は553万本と大幅な伸びを見せ、国内販売本数1,000万本に近づきつつあります。※2021年9月末時点

最も販売本数が多いソフト(世界)

販売本数タイトル
3,874万本マリオカート8 デラックス

 世界で最も販売本数が多いソフトは、3,874万本の「マリオカート8 デラックス」です。Wii Uで発売された「マリオカート8」の移植版でありながら、オリジナル版の4.5倍を売り上げており、現在も本数を伸ばし続けています。※2021年9月末時点

最もストーリークリアまでの時間が長いソフト

時間タイトル
64時間ゼノブレイド2

 メインストーリーのクリア時間が最も長いは、64時間の「ゼノブレイド2」です。「HowLongToBeat」において、最短で42時間、最長で85時間の申請が行われています。

※最も時間が長い・短いソフトは、「HowLongToBeat」のデータから、30人以上が申請しているソフトに絞って抽出しています。

最もストーリークリアまでの時間が短いソフト

時間タイトル
20分Fractured Minds

 メインストーリーのクリア時間が最も短いのは、20分の「Fractured Minds」です。「HowLongToBeat」において、最短で12分、最長で40分の申請が行われています。

最もやりこみプレイの時間が長い

時間タイトル
362時間あつまれ どうぶつの森

 やりこみプレイの時間が最も長いは、362時間の「あつまれ どうぶつの森」です。「HowLongToBeat」において、最短で261時間、最長で587時間の申請が行われています。

最も名前の長いソフト

文字数タイトル
58文字モンスターを倒して強い剣や鎧を手にしなさい。死んでも諦めずに強くなりなさい。勇者隊が魔王を倒すその日を信じています。

 最も名前の長いソフトは、58文字の「モンスターを倒して強い剣や鎧を手にしなさい。死んでも諦めずに強くなりなさい。勇者隊が魔王を倒すその日を信じています。」です。公式の略称で「モン勇」と設定されていますが、ストアなどではフルネームで登録されています。

最も名前の短いソフト

文字数タイトル
1文字

 最も名前の短いソフトは、漢字1文字の「汐」です。全角1文字と半角2文字を同位とするなら、「Fe」「NG」の2本が並びます。

最も容量の大きいソフト

容量タイトル
47.1GBNBA 2K22

 最も容量の大きいソフトは、47.1GBの「NBA 2K22」です。Switch本体の保存メモリー容量(32GB)を超えており、遊ぶために必要なものとして「SDカード」が記載されている、特大容量のソフトになります。

最も容量の小さいソフト

容量タイトル
26.0MBMastho is Together

 最も容量の小さいソフトは、26.0MBの「Mastho is Together」です。ニンテンドー64のカードリッジ(64MB)にも収まるサイズで、前述した「NBA 2K22」の容量で、本作を1,811本インストールできます。

最も価格が高いソフト(セット版)

価格タイトル
18,150円スーパーロボット大戦30 デジタルアルティメットエディション

 DLCなどの特典を同梱したセット版で最も価格の高いソフトは、18,150円の「スーパーロボット大戦30 デジタルアルティメットエディション」です。ソフト単品の時点で9,460円と高いことに加えて、DLCのシーズンパスや、プレミアムサウンド&データパックなど、盛りだくさんのエディションになります。

※価格の基準は、My Nintendo Storeで販売されているソフトの定価を参照しています。

最も価格が高いソフト(単品)

価格タイトル
9,878円真・女神転生Ⅴ

 ソフト単品で最も価格が高いのは、9,878円の「真・女神転生Ⅴ」です。あと一歩で大台に突入するところまで来ており、将来的には10,000円を超えるソフトが登場するかもしれません。

最も価格が安いソフト

価格タイトル
100円ブレインブレーカー
100円Cave Story’s Secret Santa
100円SDST: Deluxe

 最も価格の安いソフトは、100円の「ブレインブレーカー」「Cave Story’s Secret Santa」「SDST: Deluxe」の3本です。基本無料やソフト内購入が存在する物は除いており、定価100円で買いきりの物だけに絞っています。

最もメタスコアの点数が高いソフト

点数タイトル
97点ファタモルガーナの館 -DREAMS OF THE REVENANTS EDITION-
97点スーパーマリオ オデッセイ
97点ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

 メタスコアの点数が最も高いソフトは、97点の「ファタモルガーナの館 -DREAMS OF THE REVENANTS EDITION-」「スーパーマリオ オデッセイ」「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の3本です。

 96点のソフトは存在せず、95点も「テトリス エフェクト・コネクテッド」の1本のみ。以降は93点以下となっており、上記3本は抜きん出て高い評価を獲得しています。

最もファミ通クロスレビューの点数が高いソフト

点数タイトル
40点ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

 「週刊ファミ通」のクロスレビューで最も高い点数を獲得しているのは、40点の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」です。Nintendo Switchでは、唯一の満点を獲得しています。

 メタスコアで同点だった「スーパーマリオ オデッセイ」は39点。「ファタモルガーナの館 -DREAMS OF THE REVENANTS EDITION-」はクロスレビューが掲載されていません。

最も多く発売されているシリーズ

本数シリーズ名
17本マリオシリーズ

 Nintendo Switchで最も多く販売されているシリーズは「マリオシリーズ」でした。派生・スピンオフが多く、歴史が長いことから「アーケードアーカイブス」による復刻も複数販売されています。

最も多くのソフトを発売しているメーカー

販売本数メーカー名
284本ハムスター

 最も多くのソフトを発売しているメーカーは、284本を配信中の「ハムスター」です。2021年12月18日時点で、アケアカNEOGEOを104本、アーケードアーカイブスを180本発売済で、現在も毎週新タイトルを配信しています。