【PS4】みんなの平均値から算出したプレイ時間ランキング TOP20

 この記事では、様々なゲームのクリア時間を集積している海外サイト「HowLongToBeat」の情報を元に、PS4タイトルのプレイ時間TOP20をまとめています。検索画面でソートをすれば順番に並ぶとはいえ、少人数の登録も混ざってしまうため、一定数以上の登録数があるタイトルだけでまとめたランキングです。

ランキングの制作基準

  • 「HowLongToBeat」に登録されたPlayStation4タイトル
  • 日本国内でPS4版が発売されているタイトルのみ
  • 30人以上の登録があるタイトル/プレイスタイルのみ
  • プレイスタイル別でクリア時間の上位20作品を抽出
  • 同一作品の別バージョンが複数ランクインした場合は最新作のみ掲載
  • 記載している時間は「(平均値+中央値)/2」
  • 2021年5月23日時点の登録情報を基に集計

「ストーリークリアまで」のプレイ時間ランキング

 圧倒的な大差で1位だったのは「ペルソナ5 ロイヤル」でした。30人以上の登録者がいるタイトルに限れば、ストーリーだけで100時間を超えているのは本作だけで、全プラットフォームでも最長の数字となっています。

「ストーリー+サブクエストを全てクリアまで」のプレイ時間ランキング

 「ペルソナ5 ロイヤル」はサブクエストまで含めても伸びが少なく[124時間]に留まり、逆に倍増した「ウィッチャー3 ワイルドハント」が[126時間]で僅差ながらも1位でした。

 3位の「The Elder Scrolls V: Skyrim」も、ストーリークリアまで25時間に対して、サブクエストまで含めると[118]時間と5倍近いボリュームとなっています。

「全てのコンテンツ・実績をクリアまで」のプレイ時間ランキング

 「Destiny」の[498時間]、「モンスターハンターワールド」の[372時間]となっているものの、どちらも1,000時間以上で登録している人がいるため、多少は引き上げられているかもしれません。とはいえ、最短でも200時間を超えており十分なボリュームです。

 3位の「The Binding of Isaac: Rebirth(アイザックの伝説:リバース)」は、「ストーリークリアまで」が[5.5時間]に対してコンプリートまでは[246時間]と、プレイスタイルによってボリュームが50倍近く変化する作品です。

blank 【ゲームボリュームランキング】みんなのクリア時間を参考に上位25位までをピックアップ blank 【Switch】みんなの平均値から算出したプレイ時間ランキング TOP20