【ゲーム部屋晒し】ゲーマーブロガーの部屋を紹介します

記事のタイトルとURLをコピーする

 げーむびゅーわの裏側を大公開! と言うことで、ゲーム部屋を見たいという要望をいただいたため、愛用しているアイテムを紹介しながら、私のゲームプレイと執筆環境を公開したいと思います。ゲーム系ブロガーの部屋晒しです。

65インチ プラズマテレビ

 据え置きゲームを遊ぶために必須のテレビ(ディスプレイ)にはお金を掛けるべき。ということで、10年前に購入した65インチのプラズマテレビです。ゲーム用のテレビは大きいほど良いという物ではないですが、適切な視聴距離を確保できるなら、大きい画面の方が快適です。

 遅延もなく長年重宝してきたのですが、4kにも対応していないため、そろそろ買い換えを検討しています。

テレビ台 + 各種ゲーム機

 テレビのサイズに合わせて、テレビ台のサイズも幅1.7mと大きいため、所持しているゲーム機やホームシアターシステムのコンソールなどを全て収納。Xbox Oneが発売されたものの、Xbox 360でKinectタイトルを遊ぶことが多いため、新旧ゲーム機を設置しても余りある収納量は助かっています。

所有ゲームタイトル

 年間に何十本もプレイしているので、たくさんのソフトを持ってる印象があると言われるのですが、基本はレビューを書いたら売却するため、所有本数は少ないです。Kinectを中心とした長く遊び続けるタイトルや海外タイトル、思い出のタイトルが合計で10本強になります。

 あまりパーティーゲーム系は遊ばないので、知り合いが遊びに来た際はKinectタイトルを楽しんでもらうことが多いです。Kinectを所有している人は少なく、快適に遊ぶには部屋の広さも必要なため、他では楽しめない体験として好評です。

無印良品 ハイバックリクライニングソファ

 無印と言えば「人をダメにするソファ」が有名ですが、「ハイバックリクライニングソファ」も負けてはいません。背もたれとヘッドレストの角度を変更できるので、テレビで遊ぶときと携帯機で遊ぶときで、姿勢を遊びやすいように調整できます。座って一日中ゲームを遊んでも大丈夫な1品です。

 ちなみに、「人をダメにするソファ」も所持しており、ソファの姿勢に疲れたら、埋もれて気分転換しています。長時間は寝落ち一直線なので、ゲームを遊ぶなら「ハイバックリクライニングソファ」の方が好みです。スペースに余裕があれば、オットマンも併せて設置するとより快適。Kinectタイトルを遊ぶときは、隣室にソファを逃がして、代わりにフロアマットを設置しています。

ガラス製ローテーブル

 ガラス天板と棚板の2段ローテーブル。上がガラスなので、棚板に置いている物が一目で分かって便利です。上段にはリモコンや飲物など、ゲームプレイ中に一時置きするアイテム。下段には周辺機器と携帯機を収納しています。AnkerのUSB充電器も設置しているので、各種機器の充電も可能です。

パソコンデスク周り(執筆環境)

 隣室に移って、パソコンデスクです。PCゲームのプレイだけでなく、このブログを執筆している環境になります。テレビで遊ぶときと違って、パソコンはチェアスタイルです。複数モニターの枚数は、1度増やすと減らせないため、現在は4枚で運用しています。

 デスクは「iDESK」のオーダーメイドを2枚組み合わせてL字デスクにしています。部屋のサイズに合わせて奥行きや幅を指定できるのはもちろん。配線切り欠きも好きな位置に作成できるため、電気製品が多くても配線を上手く取り回せるのもオーダーメイドの利点です。

フィギュアケース

 私には、ゲーム以外の趣味として、フィギュアのディスプレイがあります。現在は「超ブキヤケース」と「オクタケース コーナータイプ」を1台ずつ設置している状態です。

 フィギュアのラインナップはゲームが中心となっており、お気に入りは「ディアブロ3 スタチュー」です。人感センサーを用いたライトアップも構築しており、部屋に入ると自動的にLEDライトが点灯するようになっています。

さいごに

 ゲーム系ブロガーの部屋晒し、いかがでしたか? 記事で紹介した以外に、寝室に設置している「10万円の目覚まし時計」や「三列収納書庫」もネタとしては面白いのですが、ゲーム部屋とは離れてしまうため割愛しました。今後もこの環境で、楽しく遊んでブログを更新していきたいと思います。

快適なゲーム環境を手に入れるために、お金をかけたいおすすめポイント5点