【PS4】バックアップ・復元を行う方法(画像付き解説)

記事のタイトルとURLをコピーする

 PS4を買い換えた際のデータ移動や、PS4が壊れたときに役立つデータのバックアップと、バックアップからの復元方法を解説していきます。併せて、データ容量が不足している場合の対処法や注意点も掲載しているので、参考にしてください。

 なお、PS4同士を直接接続してデータコピーを行う場合は、別記事「PS4を買い換えたときにデータを移行する方法」を確認してください。

PS4のバックアップに必要な機器

 PS4のデータをバックアップするには、USEストレージ機器が必要になります。セーブデータや少量のキャプチャーデータをバックアップするだけなら「USBメモリ」 キャプチャーが大量にある方や、アプリケーションデータまで全てバックアップする場合は「USB HDD」がおすすめです。

 なお、USB HDDはデータバックアップだけでなく、PS4の外部HDDとして利用することもできます。内蔵HDDだけでは足りないという人は、バックアップ用途と併せて購入すると一石二鳥です。

PS4のデータをバックアップする方法

  • STEP.1
    ホーム画面から「設定」を選択
  • STEP.2
    「システム」を選択
  • STEP.3
    「バックアップ/復元」を選択
  • STEP.4
    「PS4をバックアップする」を選択
  • STEP.5
    バックアップするデータを選んで「次へ」を選択
  • STEP.6
    「バックアップする」を選択
  • STEP.7
    再起動後にバックアップ開始
  • STEP.8
    完了画面が表示されたら「OK」を選択

 事前にUSBストレージ機器を接続してから作業を始めてください。

USBストレージ機器の空き容量が不足している場合

 不要なデータまでバックアップする必要はないので、ストレージ内の整理を推奨します。PS Plusの会員なら、セーブデータをオンラインストレージにアップロードすることも可能です。方法は別記事「PS4のHDDからデータを削除して空き容量を増やす方法」を確認してください。

 不要なデータを整理しても足りない場合は、アプリケーションのバックアップを止めましょう。ディスクやダウンロードで再インストールできるため、無理にバックアップする必要はありません。個別にバックアップの要否を選択できるため、少しが足りない場合は調整も可能です。

 USBストレージ側の転送速度にもよりますが、バックアップには数十分から数時間掛かるため、データ容量はなるべく抑えておいた方が良いでしょう。

PS4のデータをバックアップから復元する方法

  • STEP.1
    ホーム画面から「設定」を選択
  • STEP.2
    「システム」を選択
  • STEP.3
    「バックアップ/復元」を選択
  • STEP.4
    「PS4を復元する」を選択
  • STEP.5
    「復元するバックアップデータ」を選択
  • STEP.6
    「復元する」を選択
  • STEP.7
    「はい」を選択
  • STEP.8
    再起動後に復元開始
  • STEP.9
    ホーム画面が表示されたら復元完了

さいごに

 もしもPS4のHDDが壊れてしまったら、セーブデータやキャプチャーは永遠に失われてしまいます。壊れてしまってからでは取り返しが付かないので、定期的なバックアップやPS Plusの自動アップロードの活用をおすすめします。