【EVE burst error R | Vita/Switch】評価・レビュー 懐かしのコマンド選択式ADV

記事のタイトルとURLをコピーする
A+
総評
PC98版・セガサターン版をデジタルリマスター+新規イベントCG追加したコマンド選択式アドベンチャー。当時の面白さはそのままに、クオリティアップした内容を楽しめる作品です。
良かったところ
探索感が湧くコマンド選択式ADV
ストーリーの深みが増すマルチサイトシステム
ジャンル コマンド選択式アドベンチャー
ハード PlayStation Vita
Nintendo Switch
Windows
発売日 2016年4月28日
発売元 El Dia
開発元 RED FLAGSHIP
公式サイト リンク

 3度目のリメイクとなるEVEシリーズ1作目EVE burst error R(イブ バースト エラー R)」のレビュー記事です。

 1995年の発売から何度もリメイク・移植を繰り返してきた本作。今回はPC98版・セガサターン版をデジタルリマスター+新規イベントCG追加したものとなっており、セガサターン版を遊んだ私としては、とても懐かしく感じました。コマンド選択式ADVを遊ぶのも久しぶりだったため、いろいろと思い出補正の強い作品です。

コマンド選択式マルチサイトアドベンチャー

小次郎編:私立探偵「天城小次郎」が主人公。久々に舞い込んだ依頼は、とある美術品の捜索依頼。怪しげな依頼人、高額な報酬にうさん臭さを感じながらも引き受けることに。しかしその裏には恐るべき陰謀が隠されていた…。

まりな編:任務達成率99%を誇る政府機関の天才エージェント「法条まりな」が主人公。今回の任務はエルディア国大使の令嬢「御堂真弥子」を護衛すること。次々と迫る刺客…その目的とは!?

 最近は余り見なくなったコマンド選択式アドベンチャーとなっており、場所や状況によって変化するコマンドを選択していくことで、ストーリーは進んでいきます。多くの場合、コマンド総当たりとなるため、少し作業的にはなるものの、探索・捜査している感が強く出る形式です。

 中には悪ノリしている選択も用意されているのですが、しっかりとキャラクターが対応してくれるので、ついつい選んでしまうことも多かったです。PS Vita版では、こういった寄り道部分にトロフィーが設定されているため、様々な行動を試してみるのも面白さの1つになっていました。

 2人の主人公を切り替えながら進めていく「マルチサイトシステム」も、コマンド選択式と併せて大きな魅力です。作中で発生する事件を別々の視点から見られるだけでなく、細かく切り替えて協力させるといった展開も用意されているので、コマンド総当たりが長く続いても飽きることはありません。

スムーズに進めるヒント機能や詳細なシステム設定

 ゲームオーバーや制限時間などはないため、コマンドを選び続ければ、いつかは先へ進めるのですが、『もっとスムーズに進めたい』という人のためにガイド機能も用意されています。全てを教えてくれるのではなく、「移動」や「サイトチェンジ」が必要なときだけ教えてくれる絶妙なヒントです。

 面白さを損ねるようなガイドではないため、テンポ良く進めたい人はもちろん。原作をプレイ済みで久しぶりにプレイする私のようなユーザーにもうれしい機能でした。ヒントのON/OFFは、プレイ中でもボタン1つで切り替えることが可能なので、詰まったときだけ頼るといった使い方もできます。

 他にも、テキストからサウンドまで細かいシステム設定が用意されている点も好印象でした。

作中には扇情的なシーンが満載

 元々は18禁作品、セガサターン版も18歳以上推奨だったため、事ある毎に扇情的なシーンが挿入されていたことも印象に残ります。主人公たちは下品な会話を行うことも多いですが、不思議と不快感は感じない、独特の雰囲気がありました。

さいごに

 発売から20年経っても複数回リメイクされる名作だけあって、2度目のプレイでも楽しむことができました。前回のプレイからそれなりの年月が過ぎており、細部を忘れていたことも、良い方向に働いたと思います。また時間が経って忘れ始めた頃に、改めて遊びたいと感じる作品でした。

 「EVE burst error」が久しぶりにリメイクされて、「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」もリメイク版が発売予定。この流れに乗って、「DESIRE」もリメイクされたらうれしいですね。