【DESIRE remaster ver.(デザイア リマスターバージョン) | Vita】評価・レビュー

記事のタイトルとURLをコピーする
B
総評
グラフィックのリマスターだけでなく、イベントCGの追加や遊びやすさの向上など、様々な部分が改善されたリマスター。アニメシーンや一部グラフィックに、古い物を再録している点が気になったものの、それ以外は高い評価の作品です。
良かったところ
美麗なデジタルリマスター
遊びやすくなったコマンド選択式ADV
悪かったところ
一部グラフィックの再録・流用
ジャンル コマンド選択式アドベンチャー
ハード PlayStation Vita
Windows
発売日 2017年4月27日
発売元 El Dia
開発元 RED FLAGSHIP
公式サイト リンク
プレイ時間 ストーリークリアまで10時間

 往年のコマンド選択式アドベンチャーDESIRE remaster ver.《デザイア リマスターバージョン》」のレビュー記事です。

 「EVE burst error R」に続く、El Diaのリマスタータイトル第2弾となる本作。EVE同様にグラフィックのリマスターだけでなく、新規イベントCGの追加や遊びやすさの向上など、様々な部分が改善されています。残念ながら完全リマスターではなく、アニメシーンやウィンドウの顔グラフィックは当時の物を再録している点が気になったものの、懐かしさもあって、総合的には満足のいく作品でした。

コマンド選択式マルチサイトアドベンチャー

 2人の主人公を通して、デザイアで起こる事件を異なる視点で垣間見る「マルチサイトシステム」と、「コマンド選択式」で進行する物語は、本作の大きな魅力です。周回を繰り返すたびに判明していく真実や、後半になるほどコマンド選択が簡略化されていく、スピード感を損なわない構成も秀逸です。

 リマスターバージョンでは、探索の補助となる「ヒント機能」やアナログスティック・タッチパネルを利用したコマンド選択が用意されているため、より快適なプレイが可能です。コマンド総当たりを楽しむも良し、的確に進めながらストーリーに集中するも良しのアドベンチャーになっています。

全ての立ち絵・イベントCGのデジタルリマスター

 100枚以上と豊富なイベントCG全てがデジタルリマスター化されており、美麗なグラフィックで作品を堪能することができます。うっすらと記憶に残る20年前のイベントを、高解像度で再び楽しめる機会を得られただけでも、本作が発売されて良かったと感じました。また、リマスター以外にも描き下ろし新規イベントCGも用意されているため、懐かしいだけでない新しい良さがあった点も嬉しかったです。

アニメシーンやテキストウィンドウの顔グラフィックは再録・流用

 元素材の欠損など、様々な理由があったようですが、全てがデジタルリマスターされていなかったのは少し残念でした。できる限りの加工は行っているらしく、単独で見れば悪くはないものの、リマスターされたグラフィックと見比べると、どうしても見劣りしてしまいます。

 顔グラフィックは、近いアングルが並ぶと同一人物とは思えないほどの違和感。ムービーに関しても、唐突に解像度が低くなって、再生終了後は再び高解像度に戻るため、急激な変化に戸惑ってしまいます。仕方のない理由があったとはいえ、常に表示される要素のため、気になってしまう部分でした。

さいごに

 一部グラフィックの再録・流用は残念でしたが、デジタルリマスター箇所やゲームシステムの改善点は、とても満足の行くクオリティでした。思い出深い作品を、美麗なグラフィックで再び楽しむ機会が得られて、嬉しく思います。

 「EVE burst error R」「DESIRE remaster ver.」に続いて、「慟哭そして…」のリマスターも発表されており、セガサターン時代のアドベンチャーが好きだった私としては、今後もElDiaの動向から目が離せません。