【ゼノブレイドクロス】Original Soundtrack 楽曲が良くても作りは残念

記事のタイトルとURLをコピーする

 先日、レビューを書いた「ゼノブレイドクロス」のサウンドトラックを購入しました。作品のコンセプトに楽曲がマッチしているかと言えば今ひとつで、レビュー記事では触れなかった楽曲。それ自体はすばらしく、とても好みだったので、プレイ中に注文を済ませて発売を心待ちにしていました。しかし、実際に届いて聴いてみると残念な部分が多くて、ガッカリな商品でした。

なぜかメドレー形式で乱雑に収録されている楽曲たち

 4枚組 全55曲の構成となっていますが、実際はもっと多くの楽曲が収録されています。その方法は複数曲を1トラックに収録するミニメドレー形式でした。

 本作は同じフィールドでも時間帯によって曲が変わるため、それらを連結するならわかるのですが、全く関係のない曲同士もつながれています。The key we’ve lostの後に雑魚戦が流れる嫌がらせのような組合せもあって、手動で切り分けようかと考えたほどです。

とても特徴的で解読不能な曲名と曲順シャッフル

 ゼノブレイドクロスの楽曲を担当されている澤野 弘之氏は変わった名前を付けることで有名です。今回のサウンドトラックも例に漏れず、かなり難解な曲名が用意されています。

DISC 1

  1. CODENAMEZ
  2. THEMEX
  3. NO.EX01
  4. D91M
  5. KAKU-WEST*→▲★★KAI
  6. LP
  7. G-LOW-S→F.S.K.O
  8. UN↑口and巨DIE
  9. MONOX
  10. CR17S19S8
  11. RE:ARR.X
  12. Your Voice
  13. Wir fliegen
  14. So nah, so fern
  15. NEMOUSU秘OUS

DISC 2

  1. Black tar
  2. z5m20i12r04a28
  3. z10b2r0i1e2f0i9n1g3
  4. Uncontrollable
  5. z15f20i12e09l14d
  6. z39b20co13mi01cal09
  7. By my side
  8. z?2f0i1e2l0d914
  9. z37b20a13t01t08le
  10. z30huri2ba0tt12le1110
  11. z12e201v2e091n4t
  12. z29ba2t0t1l301e17
  13. z16b2gu012ro09u1su4
  14. z13e20v12e09n14t
  15. z7b2012lp0427arr
  16. In the forest
  17. z23s20a12m0a9-1r4u
  18. The way

DISC 3

  1. The key we’ve lost
  2. N周L辺A
  3. N木ig木ht木L
  4. N市L街A
  5. 亡KEI却KOKU心
  6. Melancholia
  7. fiKAIeldJOU
  8. aBOreSSs
  9. MNN+@0・
  10. In the forest
  11. 46-:ri9
  12. 96-:rip
  13. raTEoREkiSImeAra
  14. Don’t worry

DISC 4

  1. PianoX1
  2. PianoX2
  3. PianoX3
  4. X-BT1
  5. X-BT2
  6. X-BT3
  7. X-BT4
  8. In the forest (no vocal effects ver.)

 一部、まともな楽曲名も存在しますが、大半は読み方すらわかりません。特にディスク2は暗号化されているかのようです。iTunes等に取り込んで自動的に曲名を取得すると、知らない人なら最初に文字化けを疑ってしまうことは間違いありません。

 曲名だけなら氏の楽曲の特徴なので許容範囲でした。しかし、それに加えて先に挙げたメドレー化や、ゲームの進行を無視した曲順がサウンドトラックを非常に難解にしています。全曲リピートで流し続けるだけならいいですが、聴きたい曲が有るときは、探すだけでも一苦労です。

さいごに:購入される方は買い方をよく考えて

 最終的に聴ける曲だけをピックアップしたプレイリストを作成しました。不快なメドレーは諦めるか切り分けるかは悩み中です。全ての曲が好みで全曲リピートで聴き続けられるなら良いですが、もし一部の曲だけが聴きたいだけなら、Amazonなど1曲単位単品で販売されている物を購入することをおすすめします。

 幾ら楽曲が良くても、聴かせ方次第でこんなに印象が悪くなるんだなと驚きのサウンドトラックでした。