【VOXQUARTER】C87版 プレイ感想 音楽×RPGの最先端

記事のタイトルとURLをコピーする

 音楽RPG「VOXQUARTER(オクスクオーター)」の2014年冬コミバージョンをプレイしました。ジャンルはRPGですが、今回のバージョンで遊べたのは戦闘部分のみです。しかし、それだけでも新感覚の片りんを堪能したゲームシステム。楽しく遊んだ勢いで、感想・紹介記事を書き上げてしまう面白さでした。

コマンド選択によってリズムを奏でる音楽×RPG

 初めてPVを見たときは、いったい何をするゲームなのか全く分かりませんでしたが、謎の魅力に惹かれて購入。実際に遊んでみると、コマンド選択式RPGに音ゲーの気持ち良さを組み合わせたコンセプトで、うまくコマンドをつないで敵を倒せば、自分に酔いしれるような充実感を得られるRPGです。

FF13×独自インターフェースで戦うバトルシステム

バトルシステム説明

 制作者の方が言うには『FF13のブレイクシステムと同じ』です。オプティマを選んで敵を攻撃して、ブレイクさせれば大ダメージ。そのシステムを独自のインターフェース(コマンドグラフ)と組み合わせた物が本作です。自分はFF13の戦闘がすごく好きだったので、遊んでハマるのは必然だったのかもしれません。

 『FF13なんてしらねーよ!』と言う方に向けて、公式ブログに説明が用意されているので詳細は割愛。とても分かりやすく書かれています。それでも実際にプレイしながらでなければ理解は難しいかもしれません。今のバージョンでも是非遊んでみてほしいですが、現状はイベント販売のみで一般公開は未定となっています。

さいごに

公式ブログリンク

 今後の開発予定が開発ブログに掲載されており、様々な考案が山のように書き込まれています。どれも完成が楽しみになる内容ばかりで、今後の動向を要チェックの作品ですね。