【Strike Vector】プレイ感想

記事のタイトルとURLをコピーする

今回はレビュー記事ではありません

 『作品をレビュー出来るほど遊ぶ前に飽きてしまった』あえて挙げるなら、そんな評価です。決してつまらない作品とは言わないけれど、操作の難易度が高い上に対人戦メインのゲームになっている為、上達しなければ楽しむ事が出来ない。しかし、今回はそこまで辿りつく前にモチベーションが無くなってしまった感じです。

プレイ時間はだいたい1時間ほどでした

 多彩な武装の組み合わせで自分のスタイルや、場面に合った戦い方を選べる本作。とりあえず一通りの武装を試していこうと順番に切り替えながらプレイ。戦闘中でもハンガーに戻ることが出来るので、1時間ほどで一通りの武装を遊び終えたのですが、その時点で飽きていたんですよね。淡々と戦闘だけを繰り返す事に面白味を見出せませんでした……

動画を眺めるのと実際にプレイするのは別物

 もともとFPSの対戦ゲームは好みでは無いのですが、可変戦闘機による戦いという点に惹かれて購入。これなら大丈夫かと言う期待も有ったのですけど、やはり根っこの部分は同じでダメでした。無理にプレイを続けてレビューを書くより、自分に合わない物だと感想を書いた方がスッキリするかと思って書いたのがこの記事です。相変わらずRTS以外の対戦ゲームは馴染めないなぁ