【PS4】自動録画時間を60分まで延長する方法(画像付き解説)

記事のタイトルとURLをコピーする

 PlayStation 4には、ゲームプレイを自動的に記録する「ビデオクリップ」という機能が用意されています。常に最新のプレイが録画されるているため、偶然起こったスーパープレイなども、しっかりと保存できる便利な機能です。

 ビデオクリップの録画時間は、デフォルトで15分に設定されているのですが、最大で60分まで延長することが可能です。この記事では、録画時間の変更手順を画像付きで解説していきます。

ビデオクリップの録画時間を変更する方法

  1. ホーム画面から「設定」を選択
  2. 「シェアとブロードキャスト」を選択
  3. 「ビデオクリップ設定」を選択
  4. 「ビデオクリップの長さ」を選択
  5. 任意の時間を選択して設定完了

ビデオクリップは自動保存ではありません

 常に最新のプレイが録画されるビデオクリップですが、一時的な記録のため、保存しない限りストレージに残ることはありません。ゲームプレイ中に「SHAREボタン」を押して、「ビデオクリップを保存する」を選ぶことで、ストレージに保存されるようになっています。

 15分を60分に変更したからといって、4倍の速度で空き容量が減っていくわけではないので、安心してください。後から不要な部分を消すことはできても、撮れなかった部分を取り戻すことはできないので、特にこだわりがなければ60分に設定しておくと良いでしょう。