【アイドル魔法少女ちるちる☆みちる】前編 プレイ感想

記事のタイトルとURLをコピーする

 グリザイアシリーズのスピンオフ作品アイドル魔法少女ちるちる☆みちる」 本編の中でもコメディキャラ筆頭のみちるを主役に据えて、キャラクター(ヒロイン)総出演でおくる、ギャグテイストの現代風魔法少女ストーリー。シリーズ本編のギャグパートが好きな方なら、きっと楽しめる内容です。

 前編・後編の2部構成となっており、それぞれ価格は定価2,000円と控えめ。選択肢のない一本道とはいえフルボイスで動きも多いため、アニメに近いノリで鑑賞することができます。

シリーズ本編からキャラクターだけを流用したオリジナルストーリー

日常会話シーン

 どこかで見たことのあるキャラクターばかり登場する作品ですが、本編の設定とはほぼ無関係の世界。とりあえずはシリーズを全てを遊んでいなくても大丈夫。しかしながら、迷宮以降に登場するキャラクターもいるので、十全に楽しむなら本編プレイ後に手を出すことをおすすめします。

何もかもが現代風の魔法少女と愉快な仲間たち

マジカル☆ベレッタ ダッツ!

 ”マジカル”さえ付ければ、全て魔法の力。魔法のステッキはパスワード認証制で成りすまし防止機能完備。今時のジョーク満載の内容となっており、奇跡も魔法もあるんだけれどひどく現実的でした。みちるはもちろんですが、一姫の出番も多いので、本編の出番だけでは物足りなかった人も満足できるかと思います。

 ところで、主役たちを差し置いて汚れ系アイドルとなっている由美ちゃんのレベルが高い。ドン引きしながらもダッツしてみたいです! 2部作品となっているため、物語は良いところで後半へ続きます。本編風の予告が流れるなど、シリーズファンならたまらない演出も用意されており、クオリティの高いスピンオフでした。

さいごに

また見てマジカル★

 後編の発売は今冬のコミックマーケット87初日を予定。最後まで遊んだらレビュー形式で記事を書くつもりですが、選択肢のない作品なので後編を遊んでも感想かもしれません。その辺の判断は気分次第です。