おすすめ・人気記事をチェックする

「JapaneseRestream」でRTAの解説をしてみた話

記事のタイトルとURLをコピーする

 海外のRTAイベントを再配信するTwitchチャンネル「JapaneseRestream」に、解説者として参加して、1年間で合計5タイトルの解説を行いました。同じゲームジャンルとはいえ、ふだんの活動とは異なる分野で目新しいことも多かったので、記事の形で振り返ってみようと思います。

JapaneseRestreamとは

 2017年より運営されている、海外のRTAイベントを日本の視聴者向けに公認再配信するTwitchチャンネルです。外国語の公式配信に対して、日本語での案内・解説が行われており、コメントなどで盛り上がりながら海外イベントを楽しめます。

解説応募に至った経緯

 「JapaneseRestream」の視聴自体は、かなり初期から行っていました。とはいえ、私はRTAを見るのが好きでも、RTA走者ではありません。毎回、スタッフや解説者の募集を見かけても、自分とは違う世界の話と考えていた感じです。そんな中、「SGDQ2019」に、レビュー記事を書いたことのあるインディーゲーム、「スーパータイムフォース Ultra」が採用されたことが1つの転機でした。

 「スーパータイムフォース Ultra」を 「Speedrun.com」や検索で調べたところ、日本人走者はいないようでした。誰も走っていないということは、日本語解説者もいない可能性が高いです。あんなに面白いタイトルを解説なしで視聴するのはもったいない。そう感じて、記事や記録動画をベースにカンペを用意すれば、最低限の説明をできるのではないかと考えたのが、解説応募に至った切っ掛けです。

実際に解説を行ってみて

 解説に応募すると、Discordで解説者のロールが付与されるとともに、専用ルームに招待されます。Discordは、身内で軽くしか利用していなかったので、この時点で新鮮でした。事前にスタッフの人とボイスチャットをつないで音声テストを行い、その際に不明点などあれば質問できるので安心です。当日も、スタッフの誘導に従って放送に招待されるだけなので、何も難しいことはありませんでした。

 最初からカンペ頼り前提の解説ということで、カンペは本腰を入れて作成しました。曖昧な部分を残さず、一字一句まで余さず記載しています。配信・実況は初心者なので、その通りに話せるかは問題でしたが、取りあえず解説で話したい内容を羅列しておけば、何とかなるだろうという姿勢です。

 実際に、解説を行ってみると、事細かにカンペを用意しておいて本当に良かったと思いました。もちろん、予定通りには行かない部分も多かったとはいえ、うまく組み替えながら最後までつないだ感じです。また、常に1人で解説するのではなく、一緒にチャットに入っているモデレーターさんが、合いの手を入れてくれるのも助かりました。事前に打ち合わせ等はないので、完全にアドリブになってしまうものの、1人語りより断然テンポ良くしゃべることができます。

 初解説で、何となく感触はつかめたので、継続的に応募していこうと決心。しかしながら、有名タイトルは、基本的にRTA走者や有識者がいらっしゃいます。そういったタイトルはお任せして、私は解説がいなさそうなタイトルを補完する方向に定めました。元々、レビュー記事を書くのにも下調べしてクリアまで遊ぶ準備があるので、同じような流れで情報を集めて、解説に参加するイメージです。

 最終的に、1年間で合計5タイトルの解説を行ったので、アーカイブを交えつつ、個別にも振り返ってみます。

SGDQ2019:スーパータイムフォース Ultra

 初解説として応募した、ゲームシステムからストーリーまでハチャメチャなアクションゲーム。パロディ満載で、全てを網羅するのは難しかったですが、分かる範囲でカバーしました。ゲームの面白さに助けられたところが大きいものの、初めての解説としては、良いチョイスの作品だったと思います。ちなみに、解説した作品の中ではEST(予定タイム)が最も長く、密度が高いながらも余裕を持って解説できたのも幸いでした。

AGDQ2020 :Super Fancy Pants Adventure

 タイトルだけ見ると、かわいい女の子やパンチラを期待できそうですが、実際は棒人間が操作するアクションゲーム。国内の視聴者向けには、名前の時点でネタになりそうということに加えて、海外のブラウザゲームというマイナーな立ち位置で、解説したら面白そうだと考えました。

 振り返ってみると、出落ちに近い解説になってしまい、もう少し道中にもネタを仕込めれば良かったと感じます。長年続いているシリーズで、ストーリーに不明確な部分も多く、ちょっと知識不足な解説でした。

QGDQ:Vectronom

 タイトルを読む時点で難しい、摩訶不思議なリズムアクションゲーム。基本的に、公式の音量が控えめのリストリームでは、リズムゲームということすら分からないのではないかと感じて応募しました。下調べとしてプレイしたところ、かなり面白くて、予定にないレビュー記事を書いたくらい気に入った作品でもあります。『解説なしでは、何をしているのか分からなかった』というコメントもあって、応募して良かったです。

SGDQ2020:Chicken of the Farm

 2019年に配信された、個人製作のファミコンゲームという、マイナーすぎるタイトル。下調べするだけでも大変でしたが、「Chicken」なのにカエルを操作する言葉遊びの解説を交えて、良い感じに盛り上がったので良かったです。SGDQ2020はオンライン開催で、トラブルから直前の順番変更。事前解説をするだけして、1度は退場したのも良いネタでした。アーカイブが前半/後半で2個あるのも、その影響です。

 最初、カンペを読むのに集中してしまい、音量が小さいことに気付かなかったのは反省点。事前解説で、視聴者はゲーム画面を見たことすらない点を意識できていなかったのは、今後の課題です。ふだん、画像多めで記事を書いているので、トークだけで伝える難しさを感じました。

 最終的には、トラブルまで含めてネタに組み込むことができ、皆さんに田雞のすばらしさを伝えられて良かったと思います。終了後、本家放送でゲームをプレイした走者さんからもメッセージを頂いて、うれしい限りでした。

SGDQ2020:Neon Boost

 ロケットジャンプで足場を飛び移っていく、一人称視点のプラットフォーム・ゲーム。これまでに解説したタイトルの中でも、最も短い作品だったのですが、事前解説を行う時間もなくて、かなり慌ただしい感じになりました。一応、事前解説は3分程度で要点をまとめる形にしているものの、事前説明なしは想定外だったので、今後はプレイを見ながら基本情報を解説するプランBを用意しておきたいです。何とか最後まで解説できたものの、語りきれない部分も多かったので、また解説の機会があれば良いなと思います。

さいごに

 ブログ記事と解説カンペでは、意識しなければならない点が異なるとはいえ、作成・解説で学べることも多いので、今後も意欲的に応募は続けていきたいと考えています。また、SGDQ2020の解説待機中、モデレーターさんと雑談をする機会があったのですが、いろいろと話を聞いてみると、モデレーターとしてイベントに参加するのも面白そうだと感じました。

 飽くまでメインはブログで行きたいため、自分だけのチャンネルで実況・配信をする予定はないですが、「JapaneseRestream」には今後も積極的に関わっていけたらと思います。