【伊】評価・レビュー 画面外の敵を撃つロングレンジ狙撃シューティング

記事のタイトルとURLをコピーする
A+
総評
ソナーを頼りに画面外の敵を撃つ、独特のコンセプトが面白い作品でした。
良かったところ
画面外の敵を撃つ独特のコンセプト
ジャンル ロングレンジ狙撃2Dシューティング
ハード Windows
発売日 2014年12月30日
発売元 PLAYISM
開発元 惑星まりも
公式サイト リンク

 サークル「惑星まりも」がおくるロングレンジ狙撃2Dシューティング」のレビュー記事です。

 その名の通り、潜水艦を操作する横スクロールシューティング。最大の特徴は、ソナーを頼りに画面外の敵を攻撃できることです。シンプルな作りですが、それだけに面白さが分かりやすい作品でした。

先手必勝で異形の敵を撃破するロングレンジ狙撃

伊 プレイ画面

 自機の当たり判定は大きく敵の攻撃は猛烈。普通にプレイしては到底クリアできない難易度に対し、ソナーと魚雷を駆使して、敵が画面へ入る前に撃破するのが本作のコンセプトです。弾を避けるのではなく、敵が弾を撃つ前に倒す。一般的なシューティングゲームとは目指す方向が少し違います。

 画面外で敵を倒しても手応えや爽快感が無いため、開始当初はシューティングゲームとして今ひとつでした。しかし、進むにつれて爽快感とかいってる場合ではないほどの猛攻に遭います。生きのこるためには先手必勝で倒すしか無く、一心不乱にソナー反応へ向けて魚雷を撃ち込むことがだんだんと面白く感じてくるゲームです。

1度クリアしてもまた遊びたくなる魅力が有りました

伊 ボス戦

 クリアできるようになれば1プレイ10分くらいのボリュームですが、ボス戦や味方の救出など様々な趣向が凝らされていました。通常時はとにかく魚雷を乱射する中、味方の反応があれば誤射しないように注意したり、1UPアイテムに攻撃を繰り返すと敵に変わってしまうなど、とてもメリハリが感じられます。

 ボス戦では、これまで先手必勝のために活用していたソナーを別方向に活用。画面外に移動したボスへ追撃や敵の攻撃を避けるために使うなど、ここにも普通のシューティングゲームにはない面白さがあります。魅力的だったボス戦を遊びたいために、スタッフロールが終わったら即座に再プレイしてしまうほどでした。

さいごに

 感想記事を書くまでに思わず3周も4周も遊んで楽しんでしまった「伊」ですが、公式ページによると今後はDL販売への展開を検討中。イベントでは早い段階で完売したとのことなので、入手できなかった方や気になってる方は、特設ページの最新情報をチェックしていただければと思います。