【どらぺこ!】体験版プレイ感想 主人公は何度死ねば良いのか

記事のタイトルとURLをコピーする

さくせん えろえろやろうぜ!

 6月28日に発売を予定しているアリスソフト最新作「どらぺこ!」。体験版の配信は2ヶ月ほど前から行われていましたが、まだ慌てる時間じゃ無いと放置していたら発売まで2週間に迫っていました。アリスの新作は体験するまでも無く予約済の信頼度ですが、せっかく配信されているんだから、プレイして感想の一つでも記事にしてみようと思います。

まずは開始3分でゲームオーバー

 遊んだ人の半分は通る道。だって最初の二択を間違えるだけで即ゲームオーバーですからね。この後も選択肢の度にゲームオーバーの脅威は続きます。しかもこの選択肢、明らかに死亡フラグの物も有れば、選んでみるまで正解が解らない物も有って、問答無用でゲームオーバーを量産する死にゲーです。あまりにも死ぬので最初は気持ちが萎えてました。

だんだんと死ぬ事が楽しくなってくるゲームシステム

 体験版も半分ほど進んで、主人公が死ぬのにも慣れてくると見えてくる本作の楽しみ方。ゲームオーバーは行き止まりでは無く通過点で、入手したアイテムや経験値を引き継いで再スタートできる事に、楽しみを見出してからが本番ですね。というかゲームオーバー以外に経験値を得る方法が無いので、クリアする為にはバッドエンドを堪能するしか有りません。

何だかんだ言っちゃったけど面白いですね!

 ポチポチ遊んでいたら手が止まらず、体験版のバッドエンドをコンプリートするまで遊んでいました。ちょっと戦闘システムが運ゲーなのは気になりますが、隅々まで楽しみたいと思わせてくれる仕組みと、ちょっと予想外だった展開に発売が待ち遠しいです。体験版でしか遊べないイベントもあるので、事前に遊んでおいて良かったと思える内容でした。

『どらぺこ!』を応援しています!