【ディスガイア D2】プレイ感想 新キャラ続々てんこ盛り!

記事のタイトルとURLをコピーする

シリーズ原点の掛け合いは心地よい面白さ

 原点回帰しつつも更に進化した新生ディスガイア。殿下達がメインの物語は10年ぶりなのに、全然久しぶりに感じられない不思議な気分です。今回は完全な続編と言う事も有って説明等は控えめなので、プレイ前のダイジェストムービー閲覧は必須ですね。

自称妹シシリーちゃんが可愛い!

 事前情報で多数の新キャラ情報が公開されていましたが、1話からどんどん登場します。それにしても、エトナ・フロンに続いてロリ妹とは、味方が貧乳キャラだらけじゃないですか!? 敵には色白巨乳指示待ち巨乳が沢山居るのに酷い! 何という胸の格差でしょうか……

これでは、ラハールちゃんにヘイトが集中するのも仕方が無いですね!

ディスガイア D2 ラハールちゃん

汎用キャラはアーチャーとポコンをメインで行く予定です

 今回からキャラメイク時にカラーと性格(ボイス)を自由に選択可能。魔ビリティが性格と結びついているので、性能重視だと選択に制限が掛かってしまいますが、カラーがクラスに関係無く自由に選べるのはGood。金髪アーチャーも好きだけど、紫髪ラヴなんですよ。

僧侶(男)は完璧に男の娘。ボイスも『おっとこのこ~』

 自分で言うの!?と思わず突っ込んでしまうのも、日本一の思惑通り。ボイスも男女どちらにも聞こえる絶妙なチョイスです。ところで一つだけ若干ロリババア風のボイスがあるんですが、男の娘でロリババアとかレベル高すぎる! 魔ビリティ目当てで仕方なく選んだよ。魔ビリティ目当てだよ?

「魔チェンジ」は無くなったけど「オンブ」も面白いシステム

 一時的に超強化できる魔チェンジも好きでしたが、オンブは魔チェンジに自由度を追加して、長期的な成長要素に進化させた感じ。更にオンブ状態でやられても人型キャラは残るので、お気に入りの人型キャラにお供でモンスターを付けて、セットで育成するのがかなり楽しいです。

他にも沢山の仕様変更で、伝統の小技「斜め投げ」は廃止に

 ディスガイアシリーズ以外でも通用した日本一ソフトウェアお家芸。今回も早速投げようとしたら、投擲先を自由選べて『えっ?』となりました。なんだか少し寂しいですが、普段とは違う新作発売を機に、小技をシステム内に組み込んだと言ったところですかね。こんな所も新生ディスガイア。

それでは今回も頑張っていきましょう!

 まずは本編を終わらせて、それから果て無きやり込みの世界へレッツゴーですね。合い言葉は「ストーリーはチュートリアル」