【ソードアート・オンライン ホロウ・リアリゼーション】評価・レビュー

記事のタイトルとURLをコピーする
A+
総評
ストーリー・ゲームシステム共に、これまでの作品から良いところを継承したオンライン風RPG。独自に派生したオリジナルストーリーも必見の作品です。
良かったところ
豊富なコンテンツとイベントCG
MMORPGらしさを演出したゲームシステム
新シリーズとして確立されたオリジナルストーリー
悪かったところ
ゲームシステムに対しての説明不足
普通のRPGに比べて冗長気味でテンポが悪い
ジャンル RPG
ハード PlayStation 4
PlayStation Vita
発売日 2016年10月27日
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元 アクリア
公式サイト リンク
プレイ時間 ストーリークリアまで25時間

 コンシューマー版SAOシリーズ 第4弾ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-」のレビュー記事です。

 原作未登場の新たなVRMMORPG「ソードアート・オリジン」の世界を舞台とした本作。これまでに発売された3作品の続編という位置付けに加えて、プログレッシブからキズメルが参戦するなど、楽しむために必要な予備知識は多いものの、それに見合うだけの魅力的なストーリーが用意されています。

 ゲームシステム面も「ホロウ・フラグメント」をベースに大幅な改良が行われており、面白さを損なわない範囲で、MMORPGを遊んでいるという疑似体験を楽しめる作品でした。

既存シリーズプレイ推奨の完全オリジナルストーリー

 原作には登場しないVRMMORPG「ソードアート・オリジン」を舞台にしているだけでなく、既存シリーズの続編と言うこともあって、本作からゲーム版を始めるのは、少しハードルが高いと感じました。「アインクラッド編」を100階層までクリアしているIF展開に加えて、ゲーム版オリジナルキャラクターも多数登場するため、完ぺきに楽しむなら既存シリーズのプレイは必須とも言える内容です。

 もちろん、ストーリーには必要な予備知識に見合うだけの魅力を持っています。NPCにとってのデスゲーム仕様やアインクラッド創世にまつわるクエストなど、アインクラッド編の更なるIF展開に加え、様々なオリジナル要素を組み入れたストーリーはイチ押しの内容です。

 なお、4作目ではありますが「-Re:ホロウ・フラグメント-」が1作目と2作目を併せた作品となっているため、こちらを1本プレイするだけでメインストーリーに必要な予備知識の大半を得ることができます。「ロスト・ソング」のオリジナルキャラクターも登場しますが、メインストーリーではボイスのみなので、無理にプレイする必要はありません。

豊富に用意されたコミュニケーション要素とADVイベント

 メインストーリー以外にも様々なイベントやシステムが盛り込まれており、寄り道を始めると時間がいくらあっても足りません。コミュニケーション要素は大きく分けて2種類。1つはキリトと他プレイヤーやNPCの交流によって発生する物。もう1つはADVイベントとして発生する物です。

 他プレイヤーとの交流では、個別に友好ランクが設定されており、親しくなることでパーティーを組むことや、特別な会話を行えます。男女やAIを問わず、ほぼ全てのキャラクターと関係を築くことができて、一部のキャラクターは条件を満たすと、特別なイベントCGを閲覧可能です。

 クエスト形式で発生するADVイベントでは、キリト以外のキャラクターが複数人登場して、キャラクター同士の掛け合いを楽しめます。原作では見られないような組合せも多く、専用CGも用意された豪華なイベントです。なお、イベントCGはメインストーリー以外でも50枚以上用意されており、コンプリートを目指すなら、かなりのボリュームになっています。

MMORPGらしさをうまく演出した各種ゲームシステム

 MMORPGを舞台にしている作品らしく、ゲームシステムやバランスは、かなりMMORPGに準拠した仕様になっています。前作「ホロウ・フラグメント」では、MMORPGらしさにこだわりすぎて、面白さが損なわれていると感じた部分も多かったですが、今作ではうまく調整されていた印象です。普通のRPGに比べると、どうしても煩わしい部分や説明不足は否めないものの、ストレスと言うほどではなく、コンセプトとして活きています。

 主人公をキリトにこだわらなければ、キャラクターメイクで容姿を自由に変更可能。オンラインに接続してマルチプレイを始めれば、本当にオンラインゲームになるといった機能も継承されているため、シリーズを積み重ねていくごとに進化しています。。

無料大型アップデートやDLCなど長く遊べるコンテンツ

SAO ホロウ・リアリゼーション 無料大型アップデート

 前作同様、発売後も大型アップデートや有料・無料DLCを予定。特に、大型アップデートは「ロスト・ソング」のオリジナルキャラクターが登場する大ボリュームと予告されており、既存のメインストーリーに並ぶ大型コンテンツです。有料ではあるものの、新エピソードの追加も発表されており、マルチプレイと併せれば、かなり長く楽しめるコンテンツになっています。

さいごに

 シリーズとしては4作目。同ジャンル・開発元としては3作目と言うことで、作り込みにも磨きが掛かってきた本作。キャラゲーと言えばゲーム要素は二の次とされがちな中で、ゲームとしても不満なく楽しめるようになった点はとても高評価です。発売後のアップデートを含め、今後の動向に期待してしまうシリーズ作品でした。