【ぷよぷよテトリス】たいけんばん 感想

記事のタイトルとURLをコピーする

「ぷよぷよ」と「テトリス」で対戦できるのは「ぷよぷよテトリス」だけ!

 2月6日に4機種同時発売を予定している落ち物パズルコラボレーション「ぷよぷよテトリス」の体験版配信が始まったので早速プレイ。 2大パズルゲーム「ぷよぷよ」と「テトリス」が合体と言う事で、ビギナーレベルながらも良作品が好きな自分としては気になる作品です。

体験版で遊べるのはNPCとのVSルールのみ

 自キャラと対戦相手を選んでゲームスタート。本作にはぷよぷよとテトリス、それぞれのオリジナルキャラが登場するのですが、遊べるモードは固定されていないので、アルルでテトリスとかも選択できました。キャラの好みと落ち物の好みが食い違っていても安心ですね。

VSルールではテトリスの方が遊びやすく感じました

 ぷよぷよは連鎖の爆発力が有るものの、準備に時間が必要。対してテトリスは普通に4列で消しても良いし、時間が有れば連続消しで爆発力も存在。上からお邪魔が振ってくるぷよぷよと違い、迫り上がってくるテトリスは対応も容易です。なにより、テトリスにだけ用意されている、ブロックを1つストックに入れて自由に入れ替えられるHOLD機能が優秀すぎます。

製品版では5つのルールとアドベンチャーモードなどが楽しめます

 個人的に期待してるのは「ぷよテトミックス」。異種格闘技戦のVSルールはに対して、1つのゲーム内に全ての要素を詰め込んだミックスルールなら公平…… カオス過ぎて意味がわかりません! 他にも時間でモードが切り替わる「スワップ」などもあって、「ぷよぷよ」でも「テトリス」でも無い新しいルールになっているので、発売後のプレイが楽しみです。