PS4対応キャプチャーボード「MonsterX U3.0R」購入レビュー

記事のタイトルとURLをコピーする

1920x1080p 60fps対応 USB3.0 ビデオキャプチャー

「PlayStation4」の登場で、国内のゲームも1080p/60fpsが主流の時代に突入。今まで使っていた「Monster X3」ではスペックが足りなくなったので、ビデオキャプチャーを買い換えることにしました。今回選んだのは、SKNETより発売されている1080p/60fps対応ビデオキャプチャー「MonsterX U3.0R」です。

 そもそもPS4は「スクリーンショット」「ライブ配信」と言った機能が本体に備わっているのでビデオキャプチャーは不要に感じます。しかしながら、本体機能は制限も多く、ブログ用に数を撮影する用途としては不向き。キャプチャーしながらパソコンの画面でプレイする事も多いので、ブログとゲーム環境へ投資としての購入しました。

意外と少ない1080p/60fps対応のキャプチャーユニット

 今回の購入にあたって1080p/60fps対応の製品を吟味したのですが、一通りチェックした時点で迷う事無く「MonsterX U3.0R」に決めました。理由はいくつか有って、今までずっとSKNET(MonsterXシリーズ)にお世話になってきた信頼と実績。そして購入者が多く、様々な情報を簡単に仕入れられたことが安心にも繋がりました。

 本機にはキャプチャーと同時に映像出力ができるパススルー機能も付いており、キャプチャーしながらプレイしている自分にとって、これが最後の決め手になりました。ちなみにキャプチャー中の画面で遊んでも遅延は殆ど感じられません。実際に使用しての不満も特に無く、評価は高いです。

PS4まで視野に入れた選択肢としては最良の製品

 価格は2万円前後と、安価なビデオキャプチャーに比べれば2倍以上ですが、飛び抜けて高い訳でもありません。もちろん1080p/60fpsを録画する際には、HDD/SSDの高い速度と大容量が要求される点には気をつけなければなりませんが、それは全てのビデオキャプチャーに共通している話です。

 それに対して数少ない1080p/60fps対応や、容易にHDCPを回避出来るなどメリットが多い。USB3.0で接続も簡単と言う事も有って、初めてのビデオキャプチャー選びでもおすすめしやすい製品となります。今後のゲームレビュー記事のお供として活躍が期待される製品です。

USBフットスイッチも併せてどうぞ

 アクションゲームなど手を止められないゲームを遊ぶ場合、キーボードによるプレイ中のキャプチャーは困難です。そんなときにおすすめしたいのがUSBフットスイッチ。ショートカットを記憶させれば、手が塞がっていても足で撮影が可能になります。用途としてはシングルタイプで充分なので、約2,500円で導入可能です。