【PS4】コントローラーの電源だけを切る方法[画像付き解説]

記事のタイトルとURLをコピーする

 PS4本体の電源は点けたままで、コントローラーの電源だけを切る方法を解説していきます。メディアプレイヤーの利用時など、長時間コントローラーを操作しない場合にご活用ください。併せて、自動で電源が切れない設定方法も紹介しています。

PSボタンからコントローラーの電源を切る方法

  1. 「PSボタン」を10秒間長押しする
  2. ライトバーが消灯したら電源オフ

 PSボタンを長押しするとクイックメニューが表示されますが、無視して押し続けると、電源オフと同時にライトバーが消灯します。

クイックメニューからコントローラーの電源を切る方法

  1. 「PSボタン」を長押ししてクイックメニュー表示
  2. 「サウンドと周辺機器」を選択
  3. 「機器の電源を切る」を選択
  4. 「DUALSHOCK 4」を選択
 10秒が長いという場合は、クイックメニューから電源を切ることも可能です。数ステップの操作が必要ですが、手慣れていれば2-3秒で完了します。

自動でコントローラーの電源が切れないようにする方法

  1. 「PSボタン」を長押ししてクイックメニュー表示
  2. 「サウンドと周辺機器」を選択
  3. 「コントローラーの電源を切るまでの時間を設定する」を選択
  4. 「電源を切らない」を選択

 逆に、無操作が続いても電源が切れないように設定する方法です。「電源を切らない」にすると、バッテリーが尽きるまで切れないため、寝落ちしてしまうようなプレイスタイルの方は「60分後」に設定するのも良いかもしれません。