レビュー
Now Reading
【プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI】評価・レビュー PS4でリマスターされた爽快なハイスピード・メカアクション
Review

【プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI】評価・レビュー PS4でリマスターされた爽快なハイスピード・メカアクション

by 2017/11/26
作品情報
ジャンル

ハイスピード・メカアクション

プラットフォーム

PlayStation4

発売日

2017年11月21日

発売元

GameTomo

公式サイト
プレイ時間

ストーリークリアまで4時間(1-2章)

ポイント

[万人向け] [爽快感] [フルボイス]
[難易度選択] [高難易度]

良いところ

爽快な高速戦闘
フルボイスのストーリー
種類豊富なメカと兵装

評価
Our Rating
plot
A+
概要

独自のシステムを備えた、高速の空中戦闘機動が楽しめるメカアクションゲーム。ロボット好きならたまらない兵器の数々や、フルボイスで描かれるストーリーなど、魅力を豊富に備えた作品です。

A+
Our Rating
You have rated this

 高速の空中戦闘機動が楽しめるハイスピード・メカアクションプロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI」のレビュー記事です。

 PC用ゲーム「Project Nimbus」のPS4版リマスターとなる本作。元々は海外の作品ですが、日本のロボットゲームやアニメを意識して制作されたということで、とてもなじみやすい雰囲気を持っています。豪華声優陣による日本語フルボイスもあって、国内産と言われても違和感がありません。

 少し大味ながらも、独自のシステムでうまくバランスを取っている高速戦闘。粒子キャノンやファンネルなど、ロボットによる戦闘が好きな人にはたまらない兵器の数々。エースパイロットたちによって描かれるストーリーなど、魅力を豊富に備えた作品でした。

爽快なハイスピード・メカアクション

  • プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI ハイスピード・メカアクション
    ハイスピード・メカアクション

 「ハイスピード・メカアクション」というジャンルの通り、とても動きの速い空中戦闘が楽しめます。多数の敵やミサイルの間を縫うように切り抜けたり、敵のエースパイロットを相手に立ち回ったりと、戦場のシチュエーションも様々です。

 ただ速いだけの戦闘は少し大味ですが、一時的に時間の流れが遅くなるシステム「バレットタイム」が、うまくバランスを取っています。まるでゾーンに入ったかのような感覚で、敵の位置を把握や、武装の変更・照準を行い、解除とともに高速に引き戻されるプレイは、緩急があって爽快でした。

 コントローラーの全ボタンを使用する操作は慣れるまで大変で、ステージの難易度も少し高めです。歯応えは抜群ですが、アクションが苦手な人やストーリーを楽しみたい人にはイージーモードが用意されています。逆に、もっと高難易度に挑みたい人は、ハードモードも選択可能です。

様々な兵装・機構を搭載したバトルフレーム

  • プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI GCTX-01 未来
    GCTX-01 未来

 本作に、機体のカスタマイズ機能はありません。代わりに、ステージによって搭乗機が変わります。最新鋭機で掃討するステージから、旧型機で苦戦するステージなど、多彩な機体が登場。同じ機体でも、追加兵装によるブースターや変形機構を備えている場合もあって、プレイヤーを飽きさせません。

 機体が備えている兵装も種類が多く、高性能な機体ほど豊富に搭載しています。マルチロックオン可能なミサイル、半自動で攻撃・防御を行うファンネル、強力な粒子キャノンと、プレイヤーのニーズに応えていました。もちろん、ブレードも用意されており、接近戦オンリーで戦うことも可能です。

エースパイロットたちによって描かれる熾烈なストーリー

  • プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI ブリーフィング
    ブリーフィング

 3つの派閥が争い、テロ組織が猛威を振るう未来の世界。ストーリーは、最新鋭機「GCTX-01 未来」と、そのパイロットであるミライを中心に展開していきます。ステージによって、各派閥・組織のエースパイロットの視点が切り替わっていく、オムニバス形式です。

 エースパイロットによる一騎当千の活躍はもちろん。時には、撃墜した敵エースの後日が語られるステージや、これまでに操作してきたエースパイロット同士による戦いが発生します。ブリーフィングや戦闘中の会話はフルボイスとなっており、ロボットゲーム好きにはたまらない演出も満載です。

 頻繁に視点や立場が切り替わるため、少し説明不足で置いていかれそうになる場面もありましたが、その分だけ進行のテンポは良かったです。ステージ間でストーリーの肉付けとなる様々なオーディオログを聴ける点も好印象でした。

第3章・第4章と続く今後のストーリー展開にも期待

 現在配信されているのは、第2章までです。区切りとしては良いところで終わっているのですが、続きの展開が気になって仕方がありません。Steamの英語版は既に第4章まで公開されており、日本語版アップデートも近々行われるそうなので、待ちきれなければSteam版にも手を出してしまいそうです。

さいごに

 前々からSteam版が気になっており、第4章まで日本語アップデートが進んだら買おうと考えていたら、先にPS4版が発売されました。良い機会だったので、もちろん迷わず購入です。

 少し荒削りな部分はあったものの、ロボット好きの琴線に触れる要素が満載で、充実感のある作品でした。

プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What's your reaction?
GOOD
67%
COOL
0%
LOVE IT
33%
About The Author
kamia
ゲームを楽しむことでブログを書き、ブログのためにゲームをもっと楽しむサイクルで生きているライト(write)ゲーマーです。詳しく知りたい方は詳細ページへ。