【Goat Simulator】プレイ感想

記事のタイトルとURLをコピーする

ヤギを操作して、自由に街を破壊するゲーム

 最初の見出しで全てを語ってしまった感もある、Coffee Stain Studiosの最新作「Goat Simulator」を遊んでみました。名前の通り、ヤギのシミュレーターです。プレイヤーはヤギを操作して街中を自由に行動する事が出来ます。それ以上でもそれ以下でも無い、ヤギシミュレーションゲーム。それが「Goat Simulator」 Steamで$9.99です。

シュールなBGMが流れる中、街を闊歩するヤギ

 建物を壊したり人間を襲うなど、様々なアクションでポイントが加算。いくつかチャレンジ要素も用意されており、クリアする事で新たな要素がアンロックされます。とりあえず街中をウロウロしながら暴れるだけで何となく楽しい気分になる作品です。

 しかしながらボリュームは少ない。MODに対応しているとはいえ、現時点では1時間も遊べば飽きてしまいます。過度の期待を持ってプレイしてもガッカリする内容。もし、ここまで読んで興味を持ってしまった方は、$9.99を別の有意義な事に使えないか考え直す事をおすすめします。

公式サイトには英語でこうも書かれています

 Goat Simulator is a small, broken and stupid game. I t was made in a couple of weeks so don’t expect a game in the size and scope of GTA with goats. In fact, you’re better off not expecting anything at all actually. To be completely honest, it would be best if you’d spend your $10 on a hula hoop, a pile of bricks, or maybe a real-life goat.

 『「Goat Simulator」はたわいないゲームなので「GTA」のようなボリュームを期待してはいけない。10ドルを使うなら、フラフープやレンガの山、または現実のヤギに費やした方が良いでしょう』 ここまで言われて、それでも興味が止まらない人は今すぐSteamにアクセスしましょう!! BAAAAAAAAA