【Diabolical Pitch】評価・レビュー 投げて!捕って!打ちまくれ!

記事のタイトルとURLをコピーする
A+
良かったところ
歯ごたえのある高難易度なミッション
爽快感抜群の多彩な必殺技
悪かったところ
細かいターゲッティングが難しい

腕を唸らせ廃遊園地から脱出せよ!Diabolical Pitch

 久しぶりのKinect専用ソフトの期待作。肩を壊した元プロピッチャーが肩を治すという願いを持って訪れた廃遊園地で驚異的なパワーを発揮するバイオニックアームを装備して、迫り来る敵を投球で倒すゲーム。それがDiabolical Pitchです。

思っていたよりも難しく、爽快感よりも高難易度なゲーム要素

 PVを見た感じ、投球無双と言った風に敵をバッタバッタと投球で薙ぎ倒していくイメージでしたけど、実際にプレイしてみると簡単にはクリアさせてくれません。ヘッドショットを狙わないと倒せない敵や、盾を構えて近づいてくる敵。他にも援護射撃で飛んでくるミサイルは利き手とは反対側の腕でロックオンして狙い撃ちしないと落とせないなど、ただボールを投げるだけではクリア出来ないのです。

 またKinect専用としては少し残念ですが、狙った敵にピンポイントで投球するのが難しい。敵と度方向にアイテムが置かれていると、微妙な角度の差で敵では無くアイテムにボールが飛んでいくなんて日常茶飯事。焦って投げようとすると何故かボールを投げてくれなかったりと慌てることも多かったです。特にギミック満載の4面はこの微妙な精度の悪さで何回泣かされた事でしょうか。個人的にミサイルはもう少し落としやすくして欲しかったですね。

プレイ開始時にプレイヤーの利き手を選ぶ事も可能

 主人公の利き腕を治す戦いのはずが、クリアする頃には自分の利き腕が壊れそうになってるのは、お約束です。

必殺技「ライナーボール」を取ると世界が変わる面白さ!

 煩わしいミサイル迎撃もヘッドショットも全て両手をフルスイングするだけで打ち砕く強力な必殺技の登場で盛り上がりは最高潮。本作品には全部で6個の必殺技があるのですが安定性・使い心地どちらもライナーボールが一番ですね!雑魚戦では、何も考えずにフルスイングするだけで近い敵からバンバンボールを打ち飛ばしていくし、ボス戦では何も考えずにフルスイングすればボスの属性も関係無しにダメージが入るので『必殺技が終わるまでに倒れろ!』と本気フルスイング。前述したように、敵を倒す順番や種類をしっかりと認識しないと行けないゲームなだけに、何も考えずに体を動かせる時間は爽快感が抜群です。

全5ワールド各4エリアの20エリア構成

 プレイ時間はだいたい3時間前後。殆どのステージは初見クリアが余裕なのですが、ワールド4辺りになると微妙に難しくなって何度かゲームオーバーになりました。だけど死ぬまでに稼いだクレジットも残って主人公をパワーアップしていく事が出来るので無駄にリトライを繰り返すハメにはならないので休憩を挟みつつも一気に遊ぶ事が出来ました。主人公を育てた上で訪れる最終ステージが一番面白いので、これから遊ぶ人は中盤のハードルを乗り越えて是非クリアを目指して欲しいですね。

 本作は二人プレイも可能になっており、二人の場合は倒れてしまった仲間に手を貸す事で体力を分け合ったり、協力必殺技も使えると言う事で面白そう。機会があれば知り合いを誘って二人で再プレイしたいところ。