【ゼノブレイド2 黄金の国イーラ】評価・レビュー 新作外伝1本分に値する壮大な追加シナリオ

記事のタイトルとURLをコピーする
A+
総評
「ゼノブレイド2」の500年前を描いた追加シナリオ。新規ストーリーだけでなく、システムも上手くアレンジされており、見どころが満載です。約20時間とボリュームも十分で、新作と言っても良い外伝作品でした。
良かったところ
500年前の物語を紐解くストーリー
豊富に用意されたクエスト
アレンジされた各種システム
ジャンル RPG
ハード Nintendo Switch
発売日 2018年9月14日
発売元 任天堂
開発元 モノリスソフト
公式サイト リンク
プレイ時間 ストーリークリアまで20時間

 ゼノブレイド2の追加シナリオ「ゼノブレイド2 黄金の国イーラ」のレビュー記事です。

 本編発売前から予告されていた、エキスパンション・パス対応の追加シナリオにあたる本作。「ゼノブレイド2」の500年前を描いた物語となっており、作中では断片的にしか語られなかった、シンやヒカリの過去を体験することができます。メインキャラクターとして登場する、ラウラの活躍も必見です。

 新規マップに加えて、新しい形式のバトルシステムや新要素「ヒトノワ」など、物語以外にも見どころは満載でした。やり込み要素を除いても、クリアまで約20時間とボリュームも十分です。追加コンテンツという位置付けですが、外伝に値する新作RPGといっても過言ではない作品でした。

約20時間の大ボリューム追加シナリオ

 追加コンテンツという位置付けですが、クリアまで約20時間のコンテンツ量となっており、軽めのRPG1本分くらいのボリュームが用意されています。もちろん、各種やり込み要素や「Advanced New Game」も健在です。遊び尽くそうと思ったら、かなりの時間が必要になります。

 フィールド数は「イーラ」「グーラ」の2つだけなので、本編に比べると少ないものの、どちらも広く広大です。完全新規で、何を見るのも新鮮なイーラ。500年の年月を感じ取るのが面白いグーラ。未知の秘境やユニークモンスターも存在するため、探索するだけで何時間も遊べました。

500年前の過去を描くストーリー

 ラウラとシンを中心に、本編の500年前に起こった物語が紐解かれていきます。断片的にしか語られなかった事の顛末や、意外なバックストーリーなど、新たな情報が満載です。追加シナリオということもあって、本編で全容が語られている前提で、細かい説明を省いてテンポよく進んだ点も好印象でした。

 回想でしか登場しなかったラウラやアデル、出番の少なかったカスミの活躍も必見です。本編に登場したキャラクターでも、性格などが異なる場合も多いため、様々な違いを楽しむことができます。本作のプレイ後には、事情を知った状態で、改めて「ゼノブレイド2」をプレイしたくなりました。

アレンジされた各種ゲームシステム

 ストーリーやキャラクターだけでなく、ゲームシステムにも変更が加えられており、プレイの感触は新鮮です。本編のゲームデータが反映されない、完全に1からのスタートになりますが、あまり気になりません。強いていうなら、採取アイテムを集め直すのだけは少し大変です。

 特に変化が大きかったのは、バトルシステムです。従来のドライバーメインではなく、チームを組んでスイッチしながら戦闘する形式なので、ブレイドもプレイアブルキャラクターとして操作できます。500年前のスタイルとされており、システムの違いがストーリーと連動しているのも秀逸だと感じました。

 ドライバーとブレイドのチーム構成は固定なので、育成要素や編成遊びは控えめです。その分、タレントアーツやアタッカースイッチなど、戦闘を有利に運ぶコマンドが増えています。慣れるまでは難しく感じたものの、うまく立ち回ることでアーツを連発できるバトルは、本編以上に爽快です。

人々の繋がりを広げる新要素「ヒトノワ」

 各地の人々と交流して、繋がりを広げていく「ヒトノワ」は、クエストと連動した新要素です。様々な難題を解決することで、人の輪が繋がっていき、新たな交流やクエストが発生します。ストーリーと平行して楽しめる、もう1つのメインコンテンツです。

 「ヒトノワ」は、会話できる全ての人々と関係を構築することができます。比例して、クエスト数も豊富に用意されており、コンプリートをするには相応のやり込みが必要です。クエストをクリアしても、すぐに新しいクエストが発生するので、なかなかコンテンツは尽きません。

 ヒトノワには、サイドストーリーと言える大きな流れが存在する点も重要です。少しずつ広がっていく繋がりが実感できるため、どんどんクエストが楽しくなっていきます。ピークとなる終盤には、クエストの消化ばかり優先してしまい、なかなかメインストーリーが進みませんでした。

さいごに

 「ゼノブレイド2」を持っている方は、エキスパンション・パスでプレイ可能になる本作。パスを購入されていない方は、この機会に購入を薦めたいところです。手放してしまったという方でも、独立したパッケージ版が用意されています。とはいえ、パスに比べて少し割高なので、買い直すのも選択肢の1つです。

 エキスパンション・パスを購入することで、新しいブレイドやクエストが数多く追加されるため、本作と併せて追加で数十時間は遊べる内容となっています。発表当時は、1年弱を掛けての配信に気の長い話だと思っていましたが、最後まで十分に楽しませてくれた追加コンテンツでした。

【ゼノブレイド2】評価・レビュー 100時間プレイしても遊び尽くせない大ボリューム王道RPG