【燐光のランツェ】評価・レビュー

記事のタイトルとURLをコピーする
B
総評
高い難易度と魅せるプレイができる戦闘が面白いハイスピードアクション
良かったところ
挑戦しがいのある難易度
悪かったところ
パターンの少ないボイス
手抜きのチュートリアル
存在しない救済要素
ジャンル ドッグファイトアクション
ハード Nintendo 3DS
発売日 2013年12月4日
発売元 AMZY
開発元 AMZY
公式サイト リンク

 12月4日発売の3DS ダウンロード配信タイトル。価格は1,000円と言う事でグラフィック等はそれなりですが、戦闘自体は上手く作り込まれた作品です。

上達するほどに『自分のプレイが格好いい!』気分になっていく戦闘

 クイックな動きとブレードで、近接時に高い性能を誇る格闘形態。高機動と強力な武装を持っているが、操作がフライトシミュレーター状態になる飛行形態。各形態のアクションはそれぞれが独特で、慣れるまでは思うように動かせないのですが、ムービーを見て貰えれば解るように、2つの形態を使いこなせるようになると、多彩な戦闘が可能な操作性になっています。

初心者救済は殆ど無いのでアクションが苦手な人は注意

  ハッキリ言って難易度は高いです。慣れるまでは操作が難しいと言う事に加えて、敵の攻撃力も高く、被弾するとアッという間にミッション失敗。パーツを購入しての自機強化や、引き継ぎニューゲームによる資金稼ぎは可能ですが、そもそも資金を稼ぐ為にはミッションをクリアする必要があるので、序盤の救済には繋がりません。もちろん難易度選択も無いです。

 かく言う自分も、初プレイで1面の雑魚にサクッと撃墜されてしまい、クリア出来るのか不安になりました。それでは話にならないからと頑張った所へ立ちはだかる大型戦艦。更に、速い・固い・痛いが揃った大型高速戦艦が出てきた時には心が折れそうでしたよ。乗り越えた今だからこそ『難しいけど挑戦する事は楽しかった』と言える高難易度です。

細かい部分まで突っ込むと「惜しい」と感じる部分も多い

 ロープライスなので、開発費に比例するグラフィック等は目を瞑るのですが、遊びやすさの面で大雑把な作りだと感じる部分も有りました。例えばチュートリアルが手抜き、『適当に動かしてみて』だけでは操作も解らない。癖が強くて扱いにくいロックオン変更操作。部隊出現>撃破の繰り返しでワンパターンな雑魚戦。解りにくい被ダメ表現など、細かいけど気になる不満。

 最大の不満は、無口な主人公の代わりに喋ってるオペレーターが全く仕事をしてくれない事。話しかけてきたり、敵との通信など、ストーリー敵には重要な役割ですが、戦闘に関しては『グッドキル!グッドキル!』言ってた印象しか有りません。もっとボスの対策とか教えてくれれば頼りになったのに、ストーリーの為だけに喋ってる解説役みたいで、少し残念なお姉さん。

記事を書きながら、裏では2周目をプレイ中です

 称号などのやり込み要素や、ルート分岐があるので1周だけでは遊び尽くす事は出来ません。購入したパーツの引き継ぎも可能で、上達した腕前と強いパーツを装備して、一人用だけど魅せプレイを堪能しています。何だかんだと不満を挙げながらも、高評価寄りのレビューを書いている辺り、自分は気に入っているんだと実感出来るアクションゲームです。