【MIND≒0】評価・レビュー ※ネタバレ注意

記事のタイトルとURLをコピーする
C-
総評
荒削りながらも面白いと感じていたが、進むにつれて手抜きが見えてくる残念なクオリティ。最後まで遊んでも、何も解決しない後味の悪いストーリーなど、完成品と言って良いのか怪しい作品です。
良かったところ
戦略性の高いバトルシステム
悪かったところ
重いUIと長いローディング
進むほど手抜きになっていくダンジョン
全てが未完結で終わってしまうストーリー

 サプライズで続編に続く展開がダークスタイリッシュなんでしょうか? プレイ感想では『荒削りながらも面白いと感じる部分も有る』と書きました。それが最後までスライドして”ゲーム要素だけでは良いとも悪いとも言えない”という評価。あとは光るも陰るもストーリー次第かと思っていたら、まさかの未完結ENDです。ヒロインは未救出。黒幕は不明。登場人物が殺されるなど、全てにおいてスッキリしない展開でした。

エンディングの最後には「This is only the beginning.」の文字

 和訳は「序の口」や「これは始まりに過ぎない」。まさにその通りの内容で、ストーリー的には何も解決していません。せめて一段落付いた所で終わってくれれば『続編も楽しみ』と言えるのですが、1本のゲームをクリアしたはずなのに達成感とか実感が全く有りません。

残念ながらの低評価レビューで続編の発売を待ちましょう

 続編に期待して良いのか怪しいですが、スルーしてしまうと途中で止めた感じがするので、発売するなら確実に購入すると思います。もちろん、本作を人に勧められるかと言えば無理。良く言っても『まだ購入するには早い』でしょう。完全新作にして”中途半端に未完結の続編待ち”では、1つの作品として成り立っているのかすら疑わしいです。

 ところで、続編のタイトルはどうなるのでしょう? MIND≒0の後にサブタイトルを追加するのか、「0」の部分が別の物に変わるのかなど気になります。とりあえず本作単品では何とも言えないので、早々に続編の詳細発表・発売をして頂ける事を願います。

追記:メーカーとしては「完結を迎えている」とのこと

 電撃のインタビューにてメーカー代表が回答しています。物は言い様と言いましょうか…… こんなインタビューを掲載して、不満を持っていた人が納得すると思っているのか疑問です。むしろ火に油を注いでいるようにしか見えません。とりあえず公式的には続編は未定との事らしいので、「買うにはまだ早い作品」から「買わない方がいい作品」に格下げしましょう。