【グランキングダム】体験版 プレイ感想 戦略性豊富なグランナイツヒストリー

記事のタイトルとURLをコピーする

 2015年11月19日発売予定のタクティカルRPG「グランキングダム」の体験版配信が始まったので、早速プレイしてみました。

 「グランナイツヒストリー」を製作したスタッフが独立して作られた新会社の開発作品と言うことで、ベース部分が似ている本作。体験版を遊んだ感想としては、大幅に要素が追加された「グランナイツヒストリー」です。戦略性という切り口では面白くなっている反面、できることが多すぎて、プレイが煩雑になりがちでした。

第2話までプレイできる「キャンペーンクエスト」

 第1話・第2話はチュートリアルが中心となっており、ゲームの流れを一通り体験することができました。説明を読み進めながら、大体1時間のボリュームです。製品版にデータを引き継ぎできるので、迷っている人はもちろん。購入を決めている人でも気にせず先行プレイができます。

かなり複雑なゲームシステムで不満点も幾つか存在

各クラス毎のアクションやトラップ・ギミックと要素が豊富で、覚えるだけでも大変です。体験版では4種類しか使えないクラスが製品版では13種類にもなるため、戦略の幅はかなり広そうでした。連続攻撃の成否がボタン押しのタイミングに依存するアクション要素もあって、1回の戦闘がかなり重く感じられます。

 複雑な要素や位置取りが重要な割には、UIが使いづらかった点も気になりました。特に、[行動のキャンセル]と[行動終了]が同じボタンに配置されており、選択の確認もないため、うっかり誤操作で行動終了してしまうことが多かったです。配置の変更かキーコンフィグを実装してくれないと、私のストレス要因になること間違い無しでした。

体感版でのオンライン戦争は期間限定で開催予定

 配信開始から発売前日まで、毎日20時~26時に限定して体験版戦争を開催。初日はサーバートラブルもあって参加制限を解除していましたが、本来は1日3戦のみとなっています。3戦と言っても3回の戦闘ではなく、3度の戦争なので数十分は遊べる内容です。

さいごに

 あくまで体験版を遊んだ時点の感想ですが、シンプルだった「グランナイツヒストリー」の方がよく作り込まれていたように思います。大幅に要素が追加されたというよりも詰め込みすぎている感触で、アクション要素まで付いていると、癖が強くて人を選びすぎていないか不安を感じる体験版でした。