ゲーム記事
Now Reading
【FF13-2】序盤~中盤感想

【FF13-2】序盤~中盤感想

by kamia2011/12/16

ロード時にこれまでのあらすじが始まる配慮付き FINAL FANTASY XIII-2 感想第2回

前作の『ファルシのルシが~』ほど解りにくくは無いですが、ストーリーが進んでいくと同じ時代・世界でも中身が違うパラレルワールドにも飛べるようになってきた辺りでストーリーの把握が困難になってきました。

更に『未来を変えると過去が変わる』と言う斬新なパラドックスや、各時代に登場するが同じ名前・容姿を持った別人。なんて難解な設定持ちのキャラクターまで登場し始めると最終的に全ての歴史が一本の線で繋がる時が楽しみな反面、歴史の破片集めのような途中経過に混乱しそうになる現状です。






本筋とは別に、フラグメント集めのクエストやワイルドゲートの寄り道が楽しい

かなり多くの世界が見えるヒストリアですが全ての世界がメインストーリーに関係しているというわけでは無く、中には別の時代で手に入れたアイテムを消費や条件をクリアして開く事が出来るオマケ世界も用意されています。また各時代には主人公達にクエストを依頼してくるNPCも存在してクリアするとフラグメントという集めると報酬が貰えるアイテムなどを手に入れる事が出来るなど、メインストーリー以外のやり込み要素も数多く用意されているようです。

ちなみにお使いクエストが多いとは言え、経験値がクリスタリウムを進める為のCPと言う事で、格下雑魚戦でも、それなりにキャラが成長してくれるので、結構モチベーションを保ちながらこなして行く事が出来ます。






そういえば、名前は同じでもクリスタリウムの仕様が全く違う形に変化してた……

序盤はロールが少ないので適当に一極していたので気付かなかったのですが、クリスタリウムの成長が一本道になっているとかストーリーに変化を付けた分の当てつけですかこれ…? ちなみに一つの道筋をどのロールで進むかによってキャラの方向性が変化。進めば進むほどに必要CPが上がっていくので一極にすると他のロールを上げるのが低レベルでも大変になるという仕組み。ちなみに自分はセラもノエルも一極でガンガン上げていますが今のところは問題有りません。






普段のロール組み合わせはこんな感じ。モンスターヒーラーが鉄板です。

雑魚戦ではセラブラスター+アタッカー×2で範囲攻撃指定をしておくとセラが~ガ系を連発して奇襲時なら即殺。ボス戦など回復が必要な場合はモンスターをヒーラーにして二人のロールを状況に合わせて変化させるだけでまず死にませんね。この辺りは前作でも似たようなモノでしたがMPと言う概念が無いのでブラッドダメージが入らない限りは難易度が低いようです。とは言え、フィールドの雑魚に結構トンデモ級が混ざっているのも前作同様なので、あまり適当に戦闘しているとヒーラーに変える間も無く死んでしまう事も多々有りましたがね……






僕らのホープきゅんまでもがイケメンすなぁ……イケメンが多すぎるゲームだ

登場する時代が主に10年後なのですが、未だに母親やライトニングさんに精神的にベッタリなのは相変わらずでちょっと安心した。中身までしっかり成長した完璧超人ホープ君なんて需要が無いですよ。





現在、12時間超プレイしていますが全く終わりが見えないのでかなりボリュームがありそう

それに加えて前述したやり込み要素も有るのでコンプリートまでやるなら年内いっぱいは遊べそうな予感がしますね。前作ではDLCを用意すると言いながら結局行われませんでしたが今回はすでにオメガなどの登場予定が告知されているので、特異な内容となっている本作が合っている方ならば、かなり長く遊べそうな予感がします。





名探偵セラちゃん『お姉ちゃんの名にかけて!』

毎回、選択肢が出る度にお馬鹿な項目が混ざっていて、ネタを収集するために選択する事を強いられているんだ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What's your reaction?
GOOD
0%
COOL
0%
LOVE IT
0%
About The Author
kamia
ゲームを楽しむことでブログを書き、ブログのためにゲームをもっと楽しむサイクルで生きているライト(write)ゲーマーです。詳しく知りたい方は詳細ページへ。