ゲーム記事
Now Reading
【FF13-2】プレイ感想

【FF13-2】プレイ感想

by kamia2011/12/15

FINAL FANTASY XIII-2は前作と対極を目指したような、まるで別ゲーム

みんなが『一本道』だの『ムービーゲー』と言い過ぎたからか、全く正反対のRPGへと進化or迷走してしまったゲーム。と言うのがFF13-2に対する現時点での感想です。しかし全体的に見ればそこそこ高評価に感じているので、それなりに楽しんでプレイを進めています。






一本道を刷新し、ルートを自由に決められるヒストリアクロスを導入

ある程度定められた範囲の中でプレイヤーは自由にストーリーを進めていき、行き詰まった場合は別の時代・世界へ飛んで他の道を探す事が出来ます。まるで前作を一本道と言われ続けた事に対する意趣返しのような作り込みで、次にどこへ向かえばストーリーが進むのか解りにくくなってしまう難解さと、矛盾とまでは言わないものの進み方によっては小さな違和感を感じてしまう事が有りました。しかし、今作の設定と併せて形にはまらない展開が続くため先が読めず、物語を進めるのが楽しい作りにもなっていますね。






物語は前作の続きかと思いきや、一度ぶちこわして作り直したとも言えるトンデモ設定

そもそもライトニングさんが死亡済、セラが主人公で時間を旅して冒険する。と言う開幕の時点で前作プレイヤーすら置いてけぼりの内容ですが、進めて行くと更に色々と大胆なストーリーが浮き上がってくるので続編ですが別ゲームだと言っても過言ではありません。もちろんFF13の続編として出しているからこそ。と言う要素もしっかり盛り込まれているのでご安心下さい。






戦闘システムの基本は同じですがモンスターの参戦が可能に

ロールの切り替えと組み合わせを戦闘状況に合わせるのは相変わらずで、個人的には好きな仕様だったため嬉しいです。ただし基本的に戦闘はセラとノエルの二人が固定メンバーで旅をするゲームになっているので、単調になってしまわないように三人目のメンバーとしてモンスターを入れる事が出来ます。モンスターには種類によってロールが割り当てられており、三種類のモンスターをチョイスして編成に組み込む事で、二人が固定という点に不自由・マンネリを感じさせない仕様なのは面白い。

モンスターそれぞれにもクリスタリウムでの成長要素が有りますが経験値制では無くアイテム制なので、貯めて置いて気に入ったモンスターが仲間に入ったら一気に成長させるなんて事も出来るので楽しいです。






RPGですが、何故か戦闘にQTEが多用されると言う変化が入っています

これは人によって賛否両論分かれそうで個人的には微妙。おそらく『ムービーゲー』と言う部分を払拭するために、ただ見ているだけのムービーでは無くプレイヤーが参加出来ると言うコンセプトで取り入れたんだと思いますが、その仕様自体は全く新しくなくむしろ古いくらいなので、そこまでする必要が有ったのか疑問が残りますね。

ちなみに戦闘の合間に発生するQTEではダメージを与える事が、戦闘終了後に発生するQTEは全て成功させるとボーナスを得る事が出来る仕様なので、アクションゲームのQTEみたいに失敗したらゲームオーバーと言うほど厳しい要素ではありませんでした。






またストーリー上の会話も選択肢を導入して会話に複数のパターンを導入

選んだ選択肢によっては見る事が出来なくなる会話が出てきてしまうのですが、ヒストリアの画面で時代を最初からやり直せばもう一度イベントを見る事が出来るのでコンプリートする事は容易となっています。それにしても前作のイメージを覆したくて作った。という印象を感じざるを得ないゲームですね……






それにしてもセラが微妙に性的な衣装で常時登場するのでいやらしい目で見てしまう

前作ではスノウという婚約者の方が前面に出ている事と、地味な衣装で登場頻度も少ない事から非常に影の薄いキャラでしたが今作ではメインキャラクター。しかもレオタードのような衣装で動き回るので大変です。地味にこの娘、胸が結構有るんだなー……とか思いながら眺めてしまうので、こんな衣装のセラと二人きりで旅をし続けるノエル君は苦労しそうだな。しかも婚約者付きだし、スノウさえ居なければ確実にカップリングされるで有ろうダブル主人公なのに可哀想な子だな。






そんな可哀想なノエル君もついついキャプってしまうイケメン主人公ぶりで素敵

まだまだ序盤でどう転がるか解らない状況ですが、ストーリー的に先がかなり楽しみと言う事と戦闘システムが個人的にお気に入りなので、現時点では満足しながらプレイ中。あとはこの尖った設定をどういった結末に納めるのかに期待ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What's your reaction?
GOOD
0%
COOL
0%
LOVE IT
0%
About The Author
kamia
ゲームを楽しむことでブログを書き、ブログのためにゲームをもっと楽しむサイクルで生きているライト(write)ゲーマーです。詳しく知りたい方は詳細ページへ。