【花咲か妖精 ウルトラアンコール】プレイ感想

記事のタイトルとURLをコピーする

 サークル「えーでるわいす」の新作「花咲か妖精 ウルトラアンコール」をプレイしました。2005年に公開された「花咲か妖精」の完全リメイク。アンリアル・エンジン4を採用した、美麗なアクションが楽しめる同人ゲームです。大量に押し寄せるアブラムシくんをやっつけて、花を咲かせよう!

攻撃とジャンプボタンだけで無双する爽快アクション

アクション画面

 妖精さんの目的は、花が咲くまで芽を守り切る事です。迫り来るアブラムシくん達を、殴る蹴るの無双で蹴散らします。操作は2つのボタンとスティックしか使わないシンプルな仕様ですが、組み合わせることで多彩な攻撃が可能。UE4で要求スペックが若干高めの事を除けば、かなりサクサクと遊べるゲームです。

 1日が過ぎる毎に芽が成長してステージが複雑化。日が暮れるとアブラムシくん達の猛攻が始まるなど、メリハリの有るゲーム構成になっています。吹き飛ばしたアブラムシくんを他のアブラムシくんに当てる事でコンボを生み出し、ハイスコアを目指す要素も用意されています。

アブラムシくんを倒し続けるエンドレスモードも搭載

エンドレスモード

 花が咲くまでが目的のメインモードと違い、こちらは咲いた花を守り続けるのが妖精さんのお仕事。日数が経過する毎に激しくなるアブラムシくんの攻撃。ジリジリと削られて行く花のライフ。積み重なっていくスコアなど、やり込めるモードでした。最初は簡単で何日でも守り切れると思ってたら、痛い目に遭いましたよ!

さいごに

 シンプルなゲームなので、簡単にまとめる形式にしました。本当は販売が始まってから紹介するつもりだったのですが、1ヶ月経っても始まらないので、とりあえず投稿。また販売が始まったら更新する予定です。旧作「花咲か妖精」はフリーダウンロード作品で誰でもプレイ可能となっています。