【どらぺこ!】評価・レビュー ※ネタバレ注意

記事のタイトルとURLをコピーする
C-
悪かったところ
伏線の不足を感じたストーリー
ほとんど出来レースのバトル要素

 ゲームシステム・ストーリー どちらもイマイチな期待外れの作品。バッドエンドを回収しなければ進めない仕様に加え、各キャラのイベントをコンプリートしなければクリアできない作りはテンポが悪く、集中力を保ってプレイするのが難しかったです。プレイ途中、何度も休憩を挟みながら何とかクリアという感じでした。

伏線の不足を感じたストーリー展開

 「プレイヤーの意表を突いた展開」と言えば聞こえは良いですが、伏線と言える程の情報も無いままに唐突に意外な事実が浮き上がったり、モブキャラ程度にしか登場していなかったキャラが黒幕だと言い出されても、正直言ってプレイヤーは置いてきぼりです。ギャグテイストで見え見えの部分も有るので、隠す所と隠さない所が極端過ぎました。

ゲームのように見えるけど殆ど出来レースのバトル要素

 経験値を得る事が出来るバッド回収と、ジャンケン要素を掛け合わせた戦いかと思ったら殆ど八百長でした。敵の行動がランダムでは無くパターンなので、同じ選択肢を選べば毎回ほぼ同じ結果になります。レベルが足りない時は絶対に勝てない戦い。戦闘に勝っても、その後にADV部分で決着を付けたりするし、要らなかったのではと思います。

最後までギャグエンド有と言うのが自分には合わなかった

 私の好みの問題も有りますが、普段はギャグテイストでも最後くらいは真面目と言うストーリーが好きです。だけど本作では、普通に進めていては最後の選択肢でギャグエンドしか選べない。キャラエンドを見る為には、イベントをコンプリートして好感度MAX必須というのが作業プレイのようになってしまい辛かったですね……

メインヒロインの中では意外にもセキエイがNo.1

 プレイ前は薄幸少女に加えて腐属性と言うソースが輝いて見えたのですが、プレイしているうちにジワジワとセキエイに惹かれてしまった。年上ロリキャラだけど、ロリコンじゃないよ! 主にデウス状態のセキエイに一目惚れしたのと、エピローグの笑顔にヤられました。勇者とドラゴンはどちらも好みじゃ無かったのでパス!

サブヒロインまで含めるとアルマお姉ちゃんが色々と最強でした

どらぺこ! アルマ

 近親相姦をタブーにHシーン無しかと思ったら、クリア後要素で予想外の展開から用意されていて嬉しかった。他にもクリア後要素は本編でモヤモヤした部分をいくつか解消してくれたし、最後の最後で評価を少し持ち上げてくれた感じがしますね。ちなみにアルマを除くと次点ではシャルが良かったです。メインよりサブヒロインが魅力的過ぎたよ。

少し盲進的になっていたので次からは吟味しようと思います

どらぺこ! エンディング

 最近のアリス作品は毎回寝食を忘れてプレイしてしまう面白さだったので、期待し過ぎていたのか今回は残念な評価でした。体験版の時点で毛色が違う事に気付いていたのに「アリスなら大丈夫」と思い込んでいたのも、いま思えば考えが偏ってますね。本作だけで失望と言う事は有りませんが、今後は好みかどうか見極めてから購入を決めようと思った1本になりました。