レビュー
Now Reading
【DmC Devil May Cry】評価・レビュー
Review

【DmC Devil May Cry】評価・レビュー

by 2013/1/17
良いところ

様々な武器を駆使して戦う評価の高いアクション

悪いところ

ダンテは銀髪の方が格好いい

評価
Our Rating
plot
A+
概要

[ストーリークリアまで7時間]
[シリーズ初心者でも安心] [爽快感]
[周回プレイ] [難易度選択]

A+
Our Rating
You have rated this

 1周目のクリアタイムは約7時間ほど。予想していたより短かったですが、周回要素有りのアクションゲームなので長すぎるよりは自分好み。また一周目と言う事でサクサクとシークレット系を探さず進んだので、ジックリ探索しながら遊ぶスタイルならプレイ時間はもっと長くなるかと思います。

これも、もう一つのデビルメイクライの形

 設定流用以外に旧作との接点は無く、当初は「デビルメイクライ」と名乗る必要が有るのかすら疑問に感じていた本作。しかし実際に遊んでみると、その内容は「デビルメイクライ」と呼ぶにふさわしく。派生や亜種では無く、一つの作品として完成度は非常に高い。

 ストーリーの詳細には触れませんが、きっと『こう言うストーリーのデビルメイクライも有りだな』と感じる人も多いかと思います。もちろん自分もその一人。ただ旧作の銀髪ダンテに比べると、黒髪ダンテの格好良さが1歩及ばずなのが惜しい。自分の好みの問題。

先入観の無い新規プレイヤーは更に堪能出来る本作

 普通シリーズ物は他作品を未プレイだと100%楽しめない事が多いのですが、DmCでは未プレイの方が楽しめる可能性も有ります。と言うのは設定流用の影響で、旧作プレイヤーには何となくストーリーが読めてしまうんですよね。 だから新規の方は、また違った面白さを感じ取る事が出来るかと思います。

全ての武器を駆使して戦うアクションは後半になるほど面白く

 エンジェル/デーモン 各モードでしかダメージを与えられない敵の登場。更にそれらと同時に戦闘など、単純な力押しの通じない敵が多くなると、戦闘がよりスタイリッシュに。遊べば遊ぶほど上達する手応えも有って、中盤以降は戦闘が楽しくて堪りませんでした。

 終盤はポイントが余り気味でしたが、全武器を切り替え可能なオールマイティなダンテに対して、プレイヤーが自分のスタイルを決めるアップグレード要素も高評価。特に1周目は割り振り一つで戦い方が大きく変わるので、それらに悩むのも楽しかったです。

2周目以降は周回する毎に上がり続けていく難易度

 本作でも一撃死固定の「ヘル アンド ヘル」は健在。辿り着くには4週必須なので、クリア・トロフィーコンプを目指すには最低でも5週必要となります。自分はせいぜい「サン オブ スパーダ」止まりかと思いますが、デビルハンターの戦いはまだまだ続きます。

次は「5」か、それとも「DmC2」なのか

 パラレルワールドとしてナンバリングから外れた作品ですが、個人的には2が出ても悪くない気分。もちろん「5」が出るなら出るで嬉しいのですけど「DmCの続きが出るならきっと購入するだろう」と思える高評価だったと言う事。

DmC Devil May Cry 公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What's your reaction?
GOOD
0%
COOL
0%
LOVE IT
0%
About The Author
kamia
ゲームを楽しむことでブログを書き、ブログのためにゲームをもっと楽しむサイクルで生きているライト(write)ゲーマーです。詳しく知りたい方は詳細ページへ。