【クローザーズ】オープンβテスト プレイ感想 手軽な爽快アクションゲーム

記事のタイトルとURLをコピーする

 先日、クローズドβの感想を書いた「クローザーズ」 感触が良かったので、続けて8月18日から実施されたオープンβテストにも参加してみました。基本的な魅力・面白さはクローズドβテストの感想記事に書いたので、今回はオープンβで追加された要素にスポットを当てて感想を書いていこうと思います。

新キャラクターの登場でプレイアブルキャラが5名に

 テスト開始時に「J」、8月25日の正式サービス開始時に「ミスティルテイン」の2名追加。男女1キャラずつと思っていたら、ミスティルテインのキャラクター説明に「少女…に見えるがれっきとした少年だ」と書かれていて『あれ?』ってなりました。説明文次第でどっちにも見える。あざとい!

かなり遊びやすくなったチュートリアル・序盤展開

 チュートリアルをクリアした時点でレベルが10まで上がり、初期スキルを一通り覚えるようになったのはうれしい変更でした。スキルを中心にして戦うゲームなので、最初から使える方が面白さも伝わりやすいです。ストーリーが進めば追加スキルも増えるので、マンネリもありません。

ストーリーのボリュームはクローズドβの約3倍

 初期エリアに加えて、2つのエリアが解放。1キャラクターをクリアするだけでも、それなりのボリュームになっています。ストーリーだけでなく、敵の種類やステージギミックも大幅に増えて、飽きさせない工夫が感じられました。

サーバー負荷によるラグ・切断は正式サービス以降の改善に期待

 一気にプレイヤー人口が増えた影響で、人の多い時間帯はラグが多発していました。ソロでもスキルが使えない・敵のHPが減らない。マルチに至っては切断されることもあって、まともに遊べません。公式で改善を図るとの告知や、時間が経てば人口も落ち着くと予想されるので、今後に期待です。

さいごに:8月25日より正式サービスがスタート

 1キャラクターだけですが、実装済みのストーリーを全てクリア。レベルキャップにも到達して、一区切り付いた状況です。今後はエンドコンテンツをゆるく遊びながら、次のコンテンツが配信されるまで待機。時間があればセカンドキャラクターの育成をしようと考えています。