【CHAOS;CHILD】体験版 404 not found プレイ感想

記事のタイトルとURLをコピーする

 トン、トントン、トン……。Xbox Oneで発売予定の科学ADVシリーズ第4弾「CHAOS;CHILD」 その体験版「CHAOS;CHILD 404 not found」がXbox One本体発売と同日に配信開始。シリーズでも一番気に入っている「CHAOS;HEAD」の直接的続編と言うことで、他のローンチソフトを差し置いて、早速プレイしてみました。

体験版「CHAOS;CHILD 404 not found」では第1章を丸ごとプレイ可能

音漏れたん 力士シール

 「CHAOS;HEAD NOAH」から6年後、2015年の渋谷が舞台。CHAOS;HEAD NOAHの発売が2009年なので、現実でも6年後の作品となります。新たな主人公とヒロイン達が登場して表面上は一新されているが、主人公の愛称やキーワード、演出が前作を強く連想させる内容となっています。もちろん今回も嫌なサイコホラーです。

今作でも「妄想トリガー」による分岐システムは健在

妄想トリガー ネガティブ ナイフ

 ポジティブな妄想を選ぶか、ネガティブな妄想を選ぶか…… だいたい想像の付く場面で発生するのは構わないのですが、薄ら寒い場面で発生すると、迷わずポジティブを選んでしまうヘタレです。体験版では想像以上にまでは発展しないものの、薄気味悪い気分になります。ポジティブやエロ要素との落差が凄い。

 他にも新システム「マッピングトリガー」が実装。事件の整理をしていくのに一役買うシステムになっていましたが、今回遊べたのは単なる絵合わせゲームだったので、製品版での進化に期待です。と言ったところで体験版は終了。意外と長く、2時間くらい遊べるボリュームの体験版でした。

さいごに

2014 ON SALE

 まだ体験版しか遊んでいないのに、既にXbox Oneを買って良かったと思います。そんな感想を持ってしまう、大満足な体験版でした。体験版の配信に合わせて、公式サイトも大幅リニューアル。発売日も11月27日に決定して、通常版と限定版の2種類が同時発売されるようです。珍しく限定版を買いそうなくらい楽しみです!