【ACE OF SEAFOOD】評価・レビュー 魚類から戦闘プラモまで、種類豊富な海産物TPS

記事のタイトルとURLをコピーする
A+
総評
多種多様な海産物で群れを作り、広大なオープンシーワールドの覇者を目指す海洋3Dアクションシューティング。とてもシュールなコンセプトながら、クオリティの高い作り込みで、ネタとしてもゲームとしても楽しめる良作。
良かったところ
多彩なプレイアブル海産物
自由度の高い群れメイキング
勝てそうでなかなか勝てない絶妙な難易度
壮大過ぎるストーリー
ジャンル 海洋3Dアクションシューティング
ハード Windows Steam PlayStation4
発売元 PLAYISM
開発元 Nussoft
公式サイト リンク

 サークル「Nussoft」がおくる海洋3DアクションシューティングACE OF SEAFOOD」のレビュー記事です。

 広大なオープンシーワールドを舞台に、様々な海産物で群れを作って拠点(魚礁)を増やしていくというシュールなコンセプトの本作。その作り込みは秀逸で、決して『ネタゲー』の一言で済まされるクオリティではありませんでした。

魚類・甲殻類から戦闘プラモまで、種類豊富な海産物

 プレイアブル海産物だけでも20種類以上。敵としてだけ登場する物まで併せると、数え切れないほどの海産物が登場。倒した相手の遺伝子を手に入れることで、新ユニットを作成(繁殖)して、自分だけの群れを構築できます。最大で6匹の海産物を設定できるため、群れメイクの自由度はかなり高い。

 単純に種類が多いだけでなく、性能や攻撃方法もベースの海産物に沿った物となっています。デコイで群れを作るイワシ。攻撃判定を持った突撃を行うマグロ。近距離に強いレーザーシザー装備のカニ。高いHPと強い噛みつき攻撃を持ったサメ。海上では無類の強さを発揮する戦艦と、その装甲を打ち破る攻撃力を持った潜水艦など、出会うだけでワクワクする海産物?ばかりです。

海を自由に泳ぎ回ることができるオープンシーワールド

 目標は全ての拠点(魚礁)を占拠すること。各魚礁には先に縄張りとしている海産物が存在します。プレイアブル海産物同様に、敵の種類も多彩です。自分の群れで勝てそうな相手を探し、倒していくことで群れを強化。少しずつ力を蓄えながら魚礁制覇を目指します。

絶妙なバランスと弱肉強食を覆す強化システム

 本作の難易度は一言で言うなら『絶妙』です。格上の相手に勝てそうで勝てないことが多く、いろいろな海産物を繁殖させて挑むモチベーションが湧いてきます。また、敵を撃破や資源を使うことで海産物を強化することも可能です。弱い魚のイワシでも、強くなることで海産物のエースを狙える……かもしれません。

遊び心がくすぐられる改名システム

 繁殖させた海産物は、プレイヤーが自由に名前を変更することができます。デフォルトの1号2号でも見分けが付き、名前を変えてもメリットはないのですが、とても遊び心をくすぐる要素でした。

さいごに:世界の果てにプレイヤーが見る真実とは

 冒頭で『決して「ネタゲー」の一言で済まされるクオリティではない』と言いながらも、紹介したい要素をまとめると完全にネタゲーにしか読めません。しかしながら作り込みは奥深く、驚くほど壮大過ぎるストーリーも用意されており、エンディングまでしっかりと遊べるおすすめの作品です。

9月5日追記:委託販売が開始されました